タグ別アーカイブ: 大人

大人も頭しらみ(アタマジラミ)に注意しなければならない

adultheadlice 子供の間で流行しているアタマジラミは大人にも感染します。

アタマジラミは大人も感染している

 大人のシラミとしてよくイメージされるケジラミとアタマジラミは別種のシラミです。アタマジラミといれば小さな子供たちの間で度々流行を繰り返し、親や幼稚園、小学校を悩ませる煩わしい寄生虫のことです。

 世界共通で子供に多い寄生虫なので、シラミ症にかかるのは子供だけという印象が強いかもしれません。実際、日本でもシラミ症にかかるのは9割が小さな子供たちだと言われています。子供が大人よりシラミにかかりやすいのは、友達と身を寄せて遊ぶことが多いことや、小さな子供が自分自身で十分なヘアケアを行えない、頭髪に注意を払えないことがあげられます。子供の方が大人よりもシラミにかかりやすいというのは本当ですが、感染者と直接接触する機会があれば大人でもシラミは簡単に感染してしまいます。

 特に家庭内の子供が一人シラミに感染していると、両親や祖父母、兄弟姉妹にシラミが感染している例が少なくありません。子供の場合は、幼稚園や小学校などでシラミ検査を受ける場合もあり、世の中に発生の情報が行き渡りますが、大人の場合は基本的にシラミの検査を受けることがあっても自分自信で解決する場合がほとんどです。

 実は最近、小さな子供以外のアタマジラミ感染例が増えているという話もあります。日本ではあまりシラミが話題にされることはあまりありません。アタマジラミは病原体を運ぶ危険な寄生虫ではありませんし、日本ではシラミを解決できずに大規模な集団発生を何年も繰り返すような事態は日本ではほとんど発生していないからです。(小規模な流行は各地で盛んに発生している)

シラミは大人も油断できない

 日常生活でシラミを意識して生活している日本人はほとんどいないのではないでしょうか。日本よりもシラミが一般的な先進国では大人もやはりシラミには敏感です。

 少し前にスマートフォンなどで友人などと肩を寄せ合い自分撮りする「セルフィー」とアタマジラミ感染の関連が海外で話題とされました。ロシアでは行政が自分撮りの自粛を勧告したというニュースもありました。小さな子供ではない10代、20代の女性の間でアタマジラミが急増したからです。

 このことでアタマジラミに感染する恐れがあるのが小さな子供ばかりではないことが裏付けられました。シラミが移るか移らないかは、感染者との接触が関わっていて大人と大人の間でも機会があれば流行してしまうのです。

 日本では子供に次いでシラミ感染のリスクに晒されているのは小さな子供を育てるお母さんです。日本にもシラミがいることを意識しないと、数が増えて酷い痒みを体験してからシラミの感染に気がつくことになります。

シラミは意識の低いところから広まる

 シラミに気がつけば駆除には数日~10日ほどしかかかりません。近頃では駆除剤のスミスリンの効かないシラミが話題にされますが、通常のシラミであれば発見した当日に1度目の処置を行えば他人にシラミを感染させてしまうリスクは激減します。シラミ用の梳き櫛(すきぐし)を用意した家庭でも、最初の処置でシラミをしっかり梳き落とせば感染リスクを大幅に減らすことができるのです。

 一番よくないのはシラミに気がつかず頭髪で数を増やしてしまうこと。そして流行を拡大させてしまうことなのです。

大人が一人でシラミを駆除する方法「ライスマイスター」

aselflice

 母子家庭、父子家庭など、ひとり親家庭にとってシラミ症はとても面倒な虫です。お仕事と子育ての両立で忙しい中、アタマジラミは手間と時間を持って行ってしまいます。

 シングルマザーさんとシラミのお話で、よく話題になるのが、自分のシラミをどうするかという問題です。自分の頭髪を隅々まで確認するのも大変ですし、一人で自分の髪を処理するのもなかなかやりにくいものです。

自分一人でシラミを除去する方法

スミスリンシャンプーを使う

 まずシラミ駆除剤のスミスリンシャンプーを使います。髪につけて5分待って流すだけの簡単な作業です。2日おきに10日間(4回)実施しましょう。スミスリンシャンプーを使用することで成虫と幼虫が殺虫されます。卵は直接殺虫できないので孵化を待ち4回行い幼虫を殺虫します。合わせて付属のクシで髪に付着した卵を丁寧に取り除きましょう。通常約10日間で駆除が終わります。(※抵抗性シラミに注意)

 殺虫剤を使いたくないという方もいらっしゃると思いますが、自分自身のシラミを駆除するのにとても便利なものなので、選択肢の1つに入れてください。アトピーや敏感肌で心配な方は皮膚科医に相談しましょう。

シラミ専用梳き櫛を使う

 スミスリンの効かないシラミの流行に対処できます。梳き櫛だけでもシラミは駆除できますが、自分自身のシラミ対策となるとスミスリンの便利さは捨てがたいものです。梳き櫛を上手に使って直接シラミを除去してしまいましょう!

 自分の髪を梳くのにおすすめする梳き櫛は人気のニットフリーコームではなく「ライスマイスター」という梳き櫛です。

 ニットフリーコームの櫛歯にはシラミを絡めとるためのスパイラス状の溝が入っています。手を後ろにまわし自分自身の髪を梳くときにこの溝がすこし邪魔になってしまうのです。ニットフリーコームでは梳いている途中で髪に絡むと立てに引き抜くのが困難です。

 髪の太目の方や縮毛の方は特にライスマイスターをおすすめします。ライスマイスターには溝がありません。歯と歯の間が非常に狭くなっていますが、弾力があるのでしっかり髪を挟み込み卵を除去することができます。細い髪には櫛の根本(持ち手側)を使い、太い場合は先端側をつかうとスムーズに梳き下ろせます。

>> ライスマイスターのメリット

 ライスマイスターの使い方

  1. 梳き櫛を髪に通すための準備、除去したシラミの後処理を簡単にするため、入浴時にお風呂で駆除することをオススメします。
  2. いつも通りのシャンプーを行ってください。しっかり泡立て頭皮まで揉みこみ洗い流します。
  3. リンス・コンディショナーでクシ通りを良くします。あらかじめ普通のクシで髪が絡まぬよう丁寧に梳いておくと後が楽です。
  4. しっかり髪を梳かせたら、ライスマイスターで駆除を開始します。リンス・コンディショナーをつけたまま行うとよく滑りますので駆除が楽になります。シラミと卵も取りやすい。
  5. 髪の根本、頭皮から毛先まで一気に梳きます。シラミの卵が産み付けられやすい耳の後ろ、後頭部を念入りに梳きましょう。髪束を少な目にして数を繰り返すのが自分のシラミを駆除するときのコツです。
  6. 1回クシを通すごとにクシを洗います。お湯、水で洗い流してしまうのが簡単です。
  7. 根本から毛先まで髪全体を繰り返し梳きます。最終的に、頭髪からシラミと卵の数がゼロになった時点で駆除は終了です。この作業に手間をかけるのは最初の3日間です。物理的にシラミを直接取除くので、頑張れば1日目でもとりつくすことは可能です!
  8. 後処理:落ちたシラミはシャワーで排水口に流してしまいます。髪から離れたシラミと卵は簡単に洗い流すことができます。排水から這い上がってくることはまずありません。気になる方は熱いお湯で流してください。シラミは他の昆虫同様、熱に弱い生き物です。(※やけど注意!)

その他、シラミを駆除するためにできること

  • 寝室、寝具に掃除機をかける
  • 寝具(布団、枕、シーツ)を熱処理する。60℃5分でシラミも卵も全滅します。お湯、布団乾燥機などを利用する。
  • 寝具、タオル、ヘアブラシ、帽子など身につけるものの共用を避ける

駆除完了確認

 きちんと梳き櫛を使えていれば、多くの方は3日程度で頭髪のシラミが見つからなくなります。最初に頑張ってしまえば、新しい卵を産み付けられる数、リスクも減ります。

 シラミがいなくなったかどうかは卵の存在を確かめることでわかります。成虫のシラミ1匹は1日に5個程度の卵を産むと考えられます。取り残しや再発はライスマイスターを使って後頭部を梳いてみることで確認できます。駆除開始から10日してシラミが確認できなければひとまず駆除完了です。

自分一人でシラミを駆除するのは手間がかかりますが、きちんと続けることで最終的に必ずシラミはいなくなります。根気強くがんばりましょう!