【Youtube動画】シラミ専用梳き櫛ライスマイスターLiceMeister

Youtubeにライスマイスターの紹介動画がありましたのでシェアします。
英語ですが、こちらで紹介している内容とだいたい同じです。

How to Use the LiceMeister – English

ライスマイスターのクシの幅は0.1~0.2mmという非常に狭い物ですが、カールした髪の男の子も髪の毛にもスムーズにクシが通っている様子がわかると思います。シラミの卵がおよそ0.5mm,小さなシラミの幼虫でさえ約1mmのサイズがあります。シラミを通過させることなく、かつ櫛通りが良いシラミ用梳き櫛としてとても使いやすいので、ご興味がある方はチェックしてみてください。

乾いた髪にも濡れた髪にも使えますが、コンディショナーを一緒に使ったほうが良いでしょう。クシについたシラミと卵を処理するのでできるだけ明るいところで行いましょう。髪はあらかじめ普通のクシで絡まりをしっかり梳かします。ライスマイスターを使って髪全体を梳きます。頭皮から毛先まで1ストロークで梳き下ろします。動画ではクリップで小分けにしていますが、成虫のシラミは思うより動き回ることがあります。髪の量と髪質に合わせてやりやすい方法で行ってください。ストレートに梳かした髪をそのまま梳いても、しっかり全体を処置できればシラミは確実に除去できます。作業自体は難しいことはないので、シラミがいなくなるまで繰り返せばOKです。シラミが見つからなくなってもライスマイスターはシラミの発見にも役立つので10日を目安に再発していないか梳き櫛を通して確認しましょう。

ライスマイスターは早期発見のためのツールとしても優秀です。すでにシラミが流行している地域で予防のためにシラミ除けを探している方もいらっしゃると思いますが、確実な製品は出回っていません。かわりに早期発見と駆除の両方に役立つ梳き櫛があれば、発見初日から駆除を開始できます。駆除期間は環境により変わると思いますが、ライスマイスターで頑張れば1日~3日で卵とシラミを完全に除去することも可能です。

ライスマイスター(シラミ専用梳き櫛)

全米シラミ症協会開発 LiceMeister アタマジラミ用すき櫛

お酢のシャンプーはアタマジラミに効きますか?

oil

 お酢を混ぜたシャンプーやトリートメントがシラミの駆除に役立つというお婆さんの知恵袋のような昔ながらの方法があります。

 スミスリンシャンプーのような便利な駆除剤もシラミ用に設計された駆除力の高い梳き櫛がない昔は、お酢を水で薄めたものを髪につけてアタマジラミを取りやすくしたと言います。もちろん今の日本のお店に並んでいる普通のシャンプーやコンディショナーなどもない時代です。物のない時代、手作業でシラミを退治しなければならないときに、お酢はシラミ退治にたいへん役立つものだったに違いありません。

 さて現在、インターネットなどでお酢によるシラミ駆除方法を探してみますと「お酢や薄めたレモン汁を髪につけた後で専用の梳き櫛で梳く」と言った情報が目立ちます。

 もし、しっかりした駆除力のあるシラミ専用の梳き櫛をお持ちである方なら、髪にお酢をつけなくてもシラミの卵・幼虫・成虫の全てを取り除くことができてしまいます。

 リンスに酢を混ぜて使用しても、お酢を混ぜないリンスで梳き櫛を使用しても効果は変わりません。

 「シラミが弱って取りやすくなる」というお話もありますが、ぜひ次の方法をお試しください。

普通のコンディショナーと梳き櫛がベスト

 普通のシャンプーをしっかり泡立ててきちんと洗髪した後。リンスやコンディショナーを髪につけたまま梳き櫛を使ってください。梳き櫛を使う前に、リンスのついた髪をなるべく目の細かい普通のクシで髪のからみを完全に取っておくと梳き櫛が効果的に使えます。

 シラミの小さな幼虫も、成虫も、しつこい卵も全て梳くだけで取り除くことができます。

 お酢の他、レモン汁や、オリーブオイルなど、いくつかの方法を実際に試しましたが、効果と準備、洗い流す手間、ニオイなどを考慮すると梳き櫛にはコンディショナーが最適なことがわかります。

 物のない昔、お酢はシラミとりに役立ったかもしれません。現在は良い梳き櫛を選べればお酢のお世話になる必要はありません

 その他、ティーツリーオイルやラベンダー、ブリーチ(脱色剤)なども直接シラミを取り除ける梳き櫛による駆除に勝ることはできません。

 ただ梳き櫛にも弱点があります。髪の長さや髪の質、量は個人差があります。シラミの駆除のための時間はどうしても髪の量に比例して長くなります。だからこそできるだけ使い勝手のよい効果的な梳き櫛を選択しなくてはいけません。

梳き櫛を選ぶならこの2つから選びましょう

 シラミを取り逃さない駆除力、髪に引っかかりにくい構造、スムーズに梳きとれる手軽さを備えた梳き櫛は1つです。

 ストレートヘアで毛量の多くない女の子はこちらもリーズナブルでオススメです。

 複雑な造りをしたメカニカルな高額の梳き櫛は要りません。シンプルで使いやすいものがシラミ取りには最適です。

駆除剤を一切使わない安心のシラミ駆除方法

小さな子供にスミスリンシャンプーを使いたくない人向けの安心・確実な駆除方法

notepcwoman

  • 小さな子供に殺虫剤を使うのが心配
  • アレルギーやアトピー肌に使って大丈夫?
  • 家族全員のスミスリンを買うのはとてもお金がかかる

 日本のシラミ駆除剤と言えばスミスリンです。日本では30年以上もこの薬が使われています。人に与える害は少なく安全な殺虫剤として知られています。スミスリンを使用したことによる重大な副作用は報告されていません。と聞いても、小さな子供や皮膚の敏感な子にはなるべく余計な薬品は使いたくないというのが親心です。

シラミ駆除にはスミスリンを使わなくても大丈夫!

 結論から言うと、アタマジラミの駆除のためにはスミスリンは無くてもかまいません。薬剤で殺虫しなくても、直接シラミを取除ける方法があるからです。

 梳き櫛を使います。梳き櫛と言っても日本に昔からあるような木製のものではなく、精密に作られたシラミ専用の梳き櫛を選択してください。

 シラミ用の梳き櫛として様々な製品が販売されていますが、私たちが使っていてシラミの駆除に最も効果的だったのはこちらです。

ライスマイスター(シラミ専用梳き櫛)

全米シラミ症協会開発 LiceMeister アタマジラミ用すき櫛

こちらのライスマイスターは通販のamazonで購入することができます。

 歯と歯の間が0.1~0.2mmと非常に狭く精密に作られているので、0.5mmというシラミの小さな卵も確実に取り除くことができます。1mmの小さな幼虫もこの櫛目を通過することができません。高い駆除性能はFCGなどの調査団体にも認められており、日本の保健所などでも採用されている信頼性の高い梳き櫛です。取り除くのが困難な卵と成虫・幼虫を同時に挟みとり取り逃す心配がないのはライスマイスターです。

シンプルな構造なので使い勝手にも優れます。他製品ではクシの歯に凹凸があり髪にひっかかりやすい製品、シラミを取り逃す製品、中には髪と頭皮を傷つけやすい梳き櫛もありますが、ライスマイスターを選択すれば間違いがありません。

 使い方は髪全体を梳き下ろすだけ。頭髪に付着したシラミを梳き櫛を使って除去するだけで完全にシラミを駆除することができます。

 また、早期発見のためのシラミの感染確認や再発チェック用としても優れた効果を発揮します。

 >> コンディショナーを使った効果的なシラミ駆除方法

ライスマイスターを使用したシラミ駆除のメリット

  • 櫛1本の費用で何度も使えるので、家族分を購入しなければならない駆除剤よりも経済的です
  • スミスリンでは駆除に10日間かかりますが、ライスマイスターならシラミを取り除いた時点で駆除完了!最短1日でシラミを退治できます
  • 薬もオイルも一切使わない最も優しい駆除方法です

頭しらみ(アタマジラミ)の卵を見つけたら

シラミの卵らしきツブツブを発見したら

nayamu

 はじめてお子さんの頭にシラミを見つけたらさぞかし驚かれると思います。「何か得体のしれない生き物がいる」繊細な女性の方の中にはショックで体調をくずしてしまう方もいらっしゃいますが、シラミはただの虫ですからまずは安心してください。

 シラミがつくのは不潔だからではなく、誰のせいでもありません。夏の蚊が家の中に飛び込んでくるように、たまたまお子様の髪の毛にシラミがやってきたとお考えください。

 アタマジラミの症状は主に痒みです。蚊のように血を吸うときに唾液を少し注入します。その成分が痒みを引き起こしますが、アタマジラミがバイキンやウイルスを運んで病気になることはありません。

 蚊とアタマジラミが違うのは髪の毛に住みついてしまって、そのままにしておいてもいなくなってくれないことです。

 シラミの卵を見つけたら、まずそれが本当にアタマジラミなのか確認しましょう。皮膚科や小児科に行けば診断してもらえますが、ネットなどで画像と見比べて区別のできる方は通う必要はありません。

 基本的に病院では治療することもなくご自分でシラミを退治することになります。お薬も処方箋を出していただくわけではなく自分で薬局やドラッグストアで購入することになります。

「アタマジラミの卵 画像」で検索してみましょう

シラミの卵

 シラミの卵は目の良い方なら目視できる大きさがあります。0.5mm程度と小さいものですが虫眼鏡を使えば形が確認できるサイズです。

 楕円形の特徴的な形で、産み付けられ方も一定ですからフケやホコリとの見分けは簡単につきます。中身のあるものと抜け殻とは少しルックスが違いますが、卵であることは見分けがつけられるユニークな形をしています。もし成虫や幼虫を発見することができれば合わせて画像を検索してみてください。

シラミが確認できたら駆除の準備です

 シラミの駆除方法としては梳き櫛とスミスリンシャンプーという駆除剤があります。どちらか一方を選べと言われれば迷わず「梳き櫛」を選ぶべきです。

 日本では30年以上も活躍してきたスミスリンですが、長年使われ続けると殺虫剤に強くなったゴキブリのように抵抗力をもつシラミが現れはじめます。欧米では蔓延状態の地域もありますが、最近では日本国内でもかなり目立ちはじめたようです。

 もちろん、旧来型のシラミには効果はバツグンですが、抵抗性シラミの存在を意識すれば駆除剤をメインにした駆除はおすすめできません。小さな子供にはなるべく薬品を使いたくないという母親のニーズもあり、梳き櫛だけでシラミを駆除される方が増えています。

シラミ用の梳き櫛を購入する

 シラミ用の梳き櫛にはたくさんの種類がありますが、日本でよく使われているものは2種類です。

 >> 梳き櫛を選ぶ

 どれを使っても最終的にシラミと卵を全て取り除ければ良いのですが、クセのある製品があります。最近ではほとんどないと思いますが、髪や頭皮を傷めるような製品は避けなくてはいけません。

全米シラミ症協会開発 LiceMeister アタマジラミ用すき櫛

  こちらを選んでしまえば間違いないのですが、少々お高いのでリーズナブルなニットフリーコームを使う方が多いようです。実際使い比べてみると、前者の方が使い勝手は良いので髪が太めで縮毛の強い子にはかなりオススメできます。

 良いシラミ専用梳き櫛は慣れてる方なら、ほぼ1~2日でシラミを全て取ってしまえるほど除去力は優秀です。

使い方はただ髪全体を梳くだけですが、少しコツを足すと効果的にシラミを除去することができます。

>> 梳き櫛の効果的な使い方

一番安全で、駆除剤よりもコストもかからない方法。薬を全く使わないで、シラミと卵だけを直接とってしまえる梳き櫛です。

どうぞお気軽にシラミ退治をお楽しみください。
と、言うほどアタマジラミ対策は気楽に考えてみてください。

少し手間がかかりますが、がんばりましょう!