【シラミ対策】スミスリンで副作用?

c23

 シラミの駆除に高い効果を発揮するスミスリン。その成分が農薬や殺虫剤として使用されるピレスロイド(フェノトリン)と同じだということで心配される方がいます。

 除虫菊をもとに作られた天然の殺虫成分にピレトリンというものがありますが、ピレスロイドはピレトリンに似たと同じような作用を持つ化合物です。昆虫類・両生類・爬虫類の神経に作用しますが鳥類や哺乳類、人間に対しての作用は小さいことから安全な殺虫剤とされています。

 フェノトリンはゴキブリやノミ、ダニなどを駆除する目的で家庭用殺虫剤にもよく使われている成分です。たとえばバルサンやダニアースレッドなどの燻煙剤、蚊取り線香、衣類や人形用の防虫剤、ムシューダなどにも使われています。

 人間に対してはほとんど副作用はありませんが、昆虫(カブトムシ、クワガタ)や爬虫類(トカゲ、ヘビ)などをペットとして飼育している家庭では製品によっては注意が必要なものがあります。魚類に対しても毒性が強く殺虫剤を誤って水槽近くで使用してしまい金魚に効いてしまったということがあります。

スミスリンの副作用は心配?

 スミスリンは日本で30年以上という長い間活躍しているシラミ用の殺虫剤ですが、これまで重大な副作用が報告されたことはありません。

 大きな副作用を心配する必要はありませんが、敏感肌やアレルギー肌など体質によっては痒みやかぶれなど頭皮の荒れを経験されている方がいます。

 もし肌質や体質に心配があればシラミ駆除にスミスリンを選択するのを控えた方が安心です。

 最近では小さな幼児の身体に薬品はなるべく使いたくないというニーズも高まり、ナチュラルな方法でのシラミ駆除方法が選ばれています。

自然な方法でシラミを退治する

 シラミは専用のクシを使うことで、殺虫剤を使わなくても直接取除くことができます。現在、流行しているシラミの中には薬剤に抵抗力を持ったシラミが含まれていることがあり問題となっていますが、クシを使用することで抵抗性のシラミにも対応することができます。

ニットフリーコーム シラミ・卵駆除専用櫛

 ニットフリーコームは効果的にシラミを除去することができる製品の一つです。ほぼ全てのアタマジラミはニットフリーコーム1本で解決することができます。

ニットフリーコームだけでアタマジラミを駆除できますか?

shiraminet1zj

シラミは梳き櫛で駆除できるか?

 はい。子供の間で流行しているアタマジラミはニットフリーコームのように駆除性能のしっかりとした梳き櫛を(すきぐし)使用することで退治することができます。

 梳き櫛を使ったシラミの駆除は、目の細かい専用のクシを使ってを頭髪から直接アタマジラミを取り除く方法です。殺虫剤等の薬品を使わなくてもシラミを物理的に除去できることから、小さな子供にも安心して行えます。副作用の心配がいらず、駆除効果も高い方法です。

本当に、その他のシラミ対策用品を買わなくても退治できますか?

 はい。駆除剤のスミスリンシャンプーやシラミ除けスプレー、虫除け効果を謳ったアロマオイルなどを使用することなく、梳き櫛だけでシラミは十分に駆除することが可能です。

 スミスリンシャンプーやティーツリーオイルで駆除できないシラミも梳き櫛なら直接髪の毛から取り除くことで駆除が可能です。

どの梳き櫛が必要ですか?

 良いシラミ専用梳き櫛には条件があります。

 まずはシラミの卵を確実に取り除けることです。シラミの成虫は意識的に洗髪をし念入りにブラッシングをすることである程度落とすことができるのですが、丈夫に接着されたシラミは洗っても落とすことができません。良い梳き櫛はシラミの卵をしっかりと挟み梳き落とすことのできる製品です。

 シラミ駆除性能が認められたニットフリーコーム、またはライスマイスターがアタマジラミの駆除に効果的です。歯と歯の距離がシラミの卵よりも狭く設計されています。弾力のある金属製の歯でシラミの卵をしっかりと挟み込み取り逃しにくい。

ニットフリーコーム シラミ・卵駆除専用櫛

全米シラミ症協会開発 LiceMeister アタマジラミ用すき櫛

 もう一つは頭皮や髪の毛を傷めにくいことも大切です。梳き櫛は歯と歯の間が非常に狭く作られていますから、キシキシと擦れたり、髪質によっては髪に絡まりやすいことがあります。

くせ毛や髪の太目の方には歯に凹凸のないLiceMeisterの方が有利です。

シラミ症の治療方法

nitcomb

シラミ症を早く治療するために

 頭しらみ(アタマジラミ)の治療は、頭髪からアタマジラミという寄生虫を直接除去してしまう方法が確実です。

頭シラミ症の症状

 アタマジラミに感染すると頭が痒くなります。シラミは人間の血を吸いながら生活する寄生虫です。吸血するときに頭皮に噛みつき微量の唾液を皮膚内に注入します。この唾液がシラみに対するアレルギーを引き起こし痒みが生じます。

 シラミの痒みはアレルギー症状であることから、痒みには個人差があります。シラミの数が少ないうちから痒みを感じる人もいますが、多くの方はなかなか気がつくことがなく、強い痒みを感じるようになったときにはすでにシラミがかなりの数に増えています。

 シラミ症の症状は基本的には痒みだけです。夏場などは掻き傷から雑菌が侵入し二次感染を引き起こす心配がありますが、アタマジラミ事態が危険なウイルスや病原体を運んでいるわけではありません。

 また、アタマジラミが小さな子供を中心に流行していることから、いじめや差別に繋がらないよう大人が配慮しなくてはいけません。アタマジラミの身体的な被害は小さなものですが、小さな子供の心の傷は大人が思う以上に深いこともあります。

シラミ症の家族がいたらまず行うこと

 第一に家族全員の頭髪のチェックです。家族の一人がシラミに感染している家庭では、他の家族にもシラミがうつっている確率がとても高くなります。特に子供から母親にうつっているケースが良く見られます。子供から母親、また兄弟姉妹にうつるケースがよく目立ちますが、身近に暮らす父親や祖父母にもシラミは感染することがあるので家族全員の頭髪をしっかりとチェックしましょう。家族の中で見落としがあると、子供のシラミを駆除してもうつし合ってしまい感染を繰り返すことにつながります。

家族のシラみのチェック方法

 明るい部屋で頭髪をかきわけ卵を探します。感染数が少ないうちは動き回るシラミの成虫はとても探しにくいものです。動かない卵を探すとチェックしやすくなります。シラミは感染するとすぐに卵を産み始めます。1日に多ければ8個もの卵を産むので、数日もすれば後頭部などに白い点々が見られるようになります。

 子供が頭を痒がっている姿はシラミ症の1つのサインになりますが、痒がっていないからシラミがいないわけではありません。小さな子供がいる家庭ではシラミの存在を知り、地域で流行しているときにはシャンプーの際などに子供の頭髪をチェックする必要があります。

シラミ症の治療方法

シラミ駆除のための梳き櫛(すきぐし)を使う治療方法

 頭シラミの治療にはシラミ専用の梳き櫛(すきぐし)を使います。基本的に梳き櫛を用意すればシラミの治療のために特別なものは必要ありません。


ニットフリーコーム シラミ・卵駆除専用櫛

 代表的な梳き櫛はこちらのニットフリーコームです。アマゾンや楽天市場など、大手の通販モールで簡単に探すことができます。

 私がシラミの退治をお手伝いしてきた家族ではニットフリーコームを使って最終的にシラミを駆除できなかった方は一人もいません。シラミを物理的に直接頭髪から引き離すことでシラミを治療しますから薬品を使うより安全で確実です。

 アタマジラミは人間の頭髪でしか生きられない寄生虫です。頭髪から引き離されただけで餓死します(数時間から長くても3日)。入浴時にお風呂場で洗い流してしまえば2度と頭髪に戻ってくることはありません。ただしシラミは全てを取り除かないと再び増えて再発しますので、梳き櫛を使ってシラミを完全に除去するには少しコツがあります。

駆除剤スミスリンシャンプーを使う治療方法

 日本では30年以上も活躍しているシラミ駆除剤です。副作用がほとんどなく、これまではシラミを効果的に駆除することができました。ところが最近ではスミスリンは補助的な手段として用いられることが多くなりました。スミスリンに抵抗力をもったシラミが増えているからです。

 通常のシラミに対してはとても便利なものです。髪に塗り5分待つだけでシラミの成虫と幼虫を簡単に駆除できます。10日間で4回繰り返し、卵から孵るシラミを殺虫して治療完了です。

【しらみ対策】普通のシャンプーを使ってもっと安全確実に駆除しよう!

shiramisafety

しらみ駆除剤のスミスリンシャンプーはシャンプーではありません。

スミスリンシャンプーを使いたくないお母さん

 スミスリンシャンプーに使われているフェノトリンは比較的、人体には優しい殺虫剤として知られています。今までに重大な副作用が報告された事例もなく、本来、薬品の悪影響に関してはあまり心配の必要はないものです。

 とは言え、小さなお子様の頭髪に薬品を振りかけるのは心配と思われる方がいらっしゃるのは親なら当たり前です。特に、敏感肌やアトピー肌、アレルギーをお持ちのお子様なら心配です。

シラミの駆除はもっと簡単に考えてOK!

 はじめてのシラミ退治はどなたも驚かれると思います。大事なお子様の頭に気味の悪い虫が住みついてしまうのですからビックリされますね。虫の苦手な繊細な女性にとっては精神的にもショックを受ける出来事かもしれません。

 ご安心ください。寄生虫と言ってもシラミはただの昆虫です。姿形も6本足で大きさもアリのようなものです。アタマジラミは頭皮から血を吸いますが、同じ吸血昆虫には蚊のようなありきたりな虫もいますね。シラミは蚊と違い病原体も運ばないので身体的には安全な寄生虫です。

シラミ退治も簡単に考えて大丈夫!

 アタマジラミはアリのような昆虫が頭の上に住みついてしまっているだけ。退治は基本的に取り除いてしまえば良いのです!

 アリと違うのは特殊な脚を持っていて髪の毛の中を上手に動き回ることです。ハサミのような爪で髪にしっかりとしがみつくこともできます。そして困ったことにシラミは髪の毛に卵を産み付けてしまうのです。この卵がシラミの駆除が厄介だといわれる原因になっています。

駆除剤スミスリンシャンプーを使う場合
 殺虫してなんとかしようというのがスミスリンシャンプーなどの駆除剤です。シラミの成虫、幼虫を効果的に殺虫して振り落とすことができます。デメリットとしては卵を殺虫できずに時間をかけて繰り返さなければいけないことと、効かないシラミが存在することです。

薬を使わない安全・確実な梳き櫛(梳き櫛)を使う場合
 シラミ専用の梳き櫛(すきぐし)というものを買うことができます。シラミ用の梳き櫛はクシの歯と歯の間が非常に狭く設計されていて、シラミと卵を頭髪から引き離すことができるものです。

 薬品を一切つかわなくてもシラミを完全に退治することが可能です。最大のメリットは駆除剤よりも早くシラミを取り除くことも、努力次第で可能なところです。

 スミスリンシャンプーやシラミとりシャンプーは卵を直接退治することができないので、卵の孵化をまち生まれた幼虫を繰り返し10日間にわたって駆除しなければなりません。

 梳き櫛の場合は直接シラミと卵を取り除くことができますので、丁寧にしっかりと行うことで1日で全てのシラミを退治することも可能なわけです。しかも家族分を用意する必要がなく、薬品よりお金がかからないことも大きなメリットになります。

どの梳き櫛がおすすめ?

 現在、日本で最も活躍しているクシは「ニットフリーコーム シラミ・卵駆除専用櫛」という製品です。これまで私自身もこちらの梳き櫛を使ってたくさんの子供たちのシラミ駆除をお手伝いしてきました。とても優秀な梳き櫛でシラミと卵を逃さずキャッチできます。

 その他、数ある梳き櫛の中で「ライスマイスター」という製品がとても優秀です。ニットフリーコームを凌ぐ駆除性能と、髪に絡みにくく使いやすいという特徴があります。特にクセ毛や太毛で毛量の多い方はライスマイスターをオススメします。髪質によりニットフリーコームの歯の溝は絡みやすく苦労されることがあります。お値段は少々上がりますので、普通の髪質の方は前者をおすすめしています。

ニットフリーコームはどこで売ってる?

  東急ハンズなどで購入することができますが、ドラッグストアなどではまだまだ販売しているところは少ないです。通販を利用すると便利です。到着までは応急の処置を施します。

おすすめ :日本総代理店ソルドジャパン(Amazon)


ニットフリーコーム シラミ・卵駆除専用櫛

ニットフリーコーム&普通のシャンプーで駆除

 ニットフリーコームがあれば、普通のシャンプーをするときにシラミを梳き落とす方法で効果的にシラミを除去できます。

>> 普通のシャンプー・コンディショナー&梳き櫛でシラミを最速で除去する!

大人も頭しらみ(アタマジラミ)に注意しなければならない

adultheadlice 子供の間で流行しているアタマジラミは大人にも感染します。

アタマジラミは大人も感染している

 大人のシラミとしてよくイメージされるケジラミとアタマジラミは別種のシラミです。アタマジラミといれば小さな子供たちの間で度々流行を繰り返し、親や幼稚園、小学校を悩ませる煩わしい寄生虫のことです。

 世界共通で子供に多い寄生虫なので、シラミ症にかかるのは子供だけという印象が強いかもしれません。実際、日本でもシラミ症にかかるのは9割が小さな子供たちだと言われています。子供が大人よりシラミにかかりやすいのは、友達と身を寄せて遊ぶことが多いことや、小さな子供が自分自身で十分なヘアケアを行えない、頭髪に注意を払えないことがあげられます。子供の方が大人よりもシラミにかかりやすいというのは本当ですが、感染者と直接接触する機会があれば大人でもシラミは簡単に感染してしまいます。

 特に家庭内の子供が一人シラミに感染していると、両親や祖父母、兄弟姉妹にシラミが感染している例が少なくありません。子供の場合は、幼稚園や小学校などでシラミ検査を受ける場合もあり、世の中に発生の情報が行き渡りますが、大人の場合は基本的にシラミの検査を受けることがあっても自分自信で解決する場合がほとんどです。

 実は最近、小さな子供以外のアタマジラミ感染例が増えているという話もあります。日本ではあまりシラミが話題にされることはあまりありません。アタマジラミは病原体を運ぶ危険な寄生虫ではありませんし、日本ではシラミを解決できずに大規模な集団発生を何年も繰り返すような事態は日本ではほとんど発生していないからです。(小規模な流行は各地で盛んに発生している)

シラミは大人も油断できない

 日常生活でシラミを意識して生活している日本人はほとんどいないのではないでしょうか。日本よりもシラミが一般的な先進国では大人もやはりシラミには敏感です。

 少し前にスマートフォンなどで友人などと肩を寄せ合い自分撮りする「セルフィー」とアタマジラミ感染の関連が海外で話題とされました。ロシアでは行政が自分撮りの自粛を勧告したというニュースもありました。小さな子供ではない10代、20代の女性の間でアタマジラミが急増したからです。

 このことでアタマジラミに感染する恐れがあるのが小さな子供ばかりではないことが裏付けられました。シラミが移るか移らないかは、感染者との接触が関わっていて大人と大人の間でも機会があれば流行してしまうのです。

 日本では子供に次いでシラミ感染のリスクに晒されているのは小さな子供を育てるお母さんです。日本にもシラミがいることを意識しないと、数が増えて酷い痒みを体験してからシラミの感染に気がつくことになります。

シラミは意識の低いところから広まる

 シラミに気がつけば駆除には数日~10日ほどしかかかりません。近頃では駆除剤のスミスリンの効かないシラミが話題にされますが、通常のシラミであれば発見した当日に1度目の処置を行えば他人にシラミを感染させてしまうリスクは激減します。シラミ用の梳き櫛(すきぐし)を用意した家庭でも、最初の処置でシラミをしっかり梳き落とせば感染リスクを大幅に減らすことができるのです。

 一番よくないのはシラミに気がつかず頭髪で数を増やしてしまうこと。そして流行を拡大させてしまうことなのです。