カテゴリー別アーカイブ: シラミのニュース

【アタマジラミ】スミスリンより梳き櫛が優先!公的機関の駆除情報が次々と新しくなっています

ajisai-shiramiken

保健所を始め、市役所など公的機関の発するシラミ対策情報が見直されています。

 最近まで(現在も)多くの方が「最初にスミスリンシャンプー(駆除薬)」→「ダメなら皮膚科」→「そして梳き櫛」という流れでシラミを駆除してきました。これまで公的機関や皮膚科医が推奨してきた方法が主にこの方法によるものだったからです。

 新しく見直されているのはこの優先順位です。「第一に目の細かい櫛(シラミ用梳き櫛)」を推奨する公的機関が増えています。駆除剤は補助的に紹介されていたりします。まだまだ古い情報が掲載されているところもあるためお住まいの地域のサイトと見比べてみてはいかがでしょうか。

 アタマジラミが感染症や不潔なイメージから切り離され、容易に扱えるものだという理解が広まれば、不安やいじめ、偏見などシラミが社会で引き起こす様々な問題は解決できます。

スミスリンより梳き櫛を優先する

 スミスリンが問題なく機能していれば、旧来の方法でシラミの駆除は完了します。 しかし流行中のシラミが薬の効かない抵抗性シラミだった場合、旧来の方法では流行拡大のリスクを高めます。

 スミスリンによる駆除には1クール(2日おきに4回使用)10日間を要しますが、スミスリン無効なケースでは生きたシラミが感染力、繁殖能力を維持したまま頭髪に居残ってしまいます。この状態で通園・通学を続ければシラミは感染を広め続けるでしょう。 

 本来、スミスリンが有効であれば初日から感染に歯止めをかけることが可能です(幼虫・成虫は初回から駆除される)。ところが薬剤無効な抵抗性シラミに対しては、スミスリンを選択することによって初動が遅れ、逆にリスクを高めてしまう結果につながるのです。

 つい数年前までは、梳き櫛に関心を持っても梳き櫛だけでシラミを駆除しようという方は多くありませんでした。当サイトのようにシラミ用梳き櫛の有用性について紹介している個人や、優れた梳き櫛を販売するwebサイトはかねてから存在していましたが、駆除能力の信頼性という意味では、公的機関や医師による情報の前にかき消されていたように思います。

 日本では公的機関や皮膚科の医師でさえ互いに矛盾した情報を発することがあり、アタマジラミに困る一般の母親にとって大きな悩みの種となっていました。今、市役所や保健所などの信頼のおけるwebサイトが、第一に梳き櫛を推奨しはじめたことは大きな進歩に違いありません。 

シラミ用梳き櫛の駆除能力について

 シラミ専用の梳き櫛のみでアタマジラミを完全に駆除することができます。シラミの小さな幼虫や卵を取り残すことがない優れた製品を利用することで比較的簡単にシラミを解決することができます。

 信頼性の高いシラミ専用梳き櫛を2つ紹介します。

全米シラミ症協会開発 LiceMeister アタマジラミ用すき櫛
 全米シラミ症協会(National Pediculosis Association)が開発した ライスマイスター(LiceMeister) はシラミ対策にとても優秀な製品です。日本の民間調査団体の調査でも駆除性能が認められた信頼性の高い梳き櫛。保健所などで貸出用として採用されています。

  ≫≫ くせ毛にはライスマイスターが1番の理由!

ニットフリーコーム シラミ・卵駆除専用櫛
 日本で一番使われている梳き櫛の一つです。人気の製品なので、梳き櫛のみでシラミ駆除を行った体験談をレビューなどで見ることができます。どちらのクシを選択しても駆除可能です。

 様々なコームを使用してきましたが、当サイトでは使いやすいこの2つを推奨しています。もちろん、その他の製品でも成虫・幼虫・卵を残さず取り除くことができればシラミの駆除は可能です。

 具体的な梳きおろしの方法としては、頭皮から毛先まで全体をまんべんなく梳くことができればやりやすい方法でかまいません。大事なのはシラミと卵がなくなるまで繰り返し梳くことです。

 

2015年1月アタマジラミが大流行してます

kodomoillust

 新しい年が明けた1月です。とても寒い日が続きますが、シラミは寒さに関わりなく現在も流行が続いています。正確な状況は確認できませんが、日本のアタマジラミも年々しつこさを増しているようです。

 そろそろ冬休みも終わり子供たちも幼稚園・保育園・小学校が始まります。集団生活の再開に合わせて各家庭でのシラミの確認をいたしましょう。

スミスリンシャンプーが効いていない

 流行が一向に治まらない地域があるといいます。シラミを繰り返している小学校、幼稚園、保育園ではスミスリンシャンプー単体での駆除をすすめられていませんか?

 お母さん方から「スミスリンが効いていない」「駆除できない」「複数本使った」などの情報が少しでもあれば、ただちにピレスロイド抵抗性のアタマジラミを疑わなくてはいけません。

 スミスリンが「効きにくい」ではなく「無効のシラミ」がいます。2本目、3本目のスミスリンシャンプーをふりかけるだけでは駆除できないシラミです。カナダや北米ではほぼ全てのシラミが抵抗力を身につけてしまっています。欧米に比べ抵抗性シラミが目立たなかった日本でも、そろそろ旧来の薬剤に頼ったシラミ駆除は推奨できない時代になりました。

梳き櫛(すきぐし)で直接取除くこと

 日本では、人体に直接使用できるシラミ駆除剤はスミスリン(成分:フェノトリン)以外にありませんので、現状、抵抗性のシラミに対抗するには目の細かいクシを使い直接除去する方法しかありません。

 ネットでは様々な民間療法が紹介されていますが、安全性、確実性を考えれば、シラミ専用梳き櫛を利用するのが最善策ということになります。手間はかかりますが、少しのコツと優れたクシを選択できれば駆除は難しくありません。

 >> シラミ専用梳き櫛

冬休みの後が肝心!

 休みの間にくすぶっていたアタマジラミが急激に広まる時期です。子供の集団生活が再開されたらしばらくの間はお子さんの頭髪をこまめに確認しましょう。(駆除用の梳き櫛があればシラミの感染チェックにも有益です)

 シラミ対策の基本は早期発見。感染者の少ないうちに、感染数の少ないうちに発見することでその後の対処に大きな差ができます。

 家庭内で子供の頭髪にシラミがついてしまっているのを発見したら、少ないうちに、家族やお友達にうつさないうちに駆除を開始しましょう。発見と処置が遅れるほど手間はかかりますし繰り返し感染するリスクも高まります。

 早期発見、増やさない、うつさないを徹底して今年のシラミ流行を乗り切りましょう。地域のみなさんで意識を高めればシラミの流行は治まります。