タグ別アーカイブ: 冬

冬のシラミを対策しよう!

winter-kids-lice

冬にも流行中のアタマジラミ!その対策は?

 アタマジラミは人の頭髪に寄生する昆虫です。気温の下がる秋冬、多くの昆虫は姿を隠す季節ですが、シラミは小さな子供の間で流行しています。髪の毛に覆われた人間の頭皮周辺は寒い冬でも暖かくシラミにとって過ごしやすい環境が保たれています。シラミは梅雨から夏にかけての時期、プールのシーズンなどに目立つことが多いので、夏のイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。

 冬だから大丈夫と油断しているうちに、シラミはこっそりやってきます。小学校や幼稚園、保育園に通う小さなお子様をお持ちの方は、この機会に一度、お子様の髪の毛をチェックしてみましょう。

 小さな粒々や6本足の小さな虫を発見したらまずシラミかどうか確認してみましょう。もしシラミがついていても心配はいりません。アタマジラミは恐ろしい寄生虫ではなく、ご家庭で駆除することができます。

まずはシラミの卵を確認する

 アタマジラミの成虫を直接発見するのは難しい場合があります。シラミの成虫や幼虫は人に発見されないよう光を避けて動き回るので、数の少ない初期には見つけにくいものです。シラミの感染確認のためにはまず動かない卵を発見します。明るいところで後頭部の髪を掻き分けて卵を探してください。耳の後方から反対の耳までの頭髪が卵が産み付けられやすい位置です。目の良い方は肉眼でも確認できます。必要に応じて虫眼鏡などを利用しましょう。
 
 卵の大きさは0.5mm程度あり、形状は楕円形をしています。フケやゴミなどと違って髪の毛にしっかりと固定されて産み付けられますので、手で払い落とそうとしても簡単に落ちるものではありません。爪の先でしっかりとつまむようにして、髪の先端へスライドさせると取り除くことができます。

シラミの発見・駆除・予防には便利な梳き櫛があります

全米シラミ症協会開発 LiceMeister アタマジラミ用すき櫛
ニットフリーコーム シラミ・卵駆除専用櫛

梳き櫛でシラミを駆除する

 シラミの駆除方法として市販の駆除剤の使用が一般的ですが、流行中のシラミの中には薬剤に抵抗力をもったシラミが登場しています。抵抗性のシラミにも有効な梳き櫛を利用することで、より確実なシラミ駆除の手助けになります。またニットフリーコームやライスマイスターなどのシラミ専用の梳き櫛を利用すれば駆除剤なしでシラミを駆除することも可能です。感染の確認、駆除、終了確認、再発のチェックにも有効なシラミ用梳き櫛の利用をおすすめします。

冬のシラミ駆除で注意するところ

 寒い冬には子供の防寒対策としてニット帽やフード、マフラーなど頭髪に直接接触する衣料に注意しなければいけません。特にシラミに感染した家族との共用や使いまわしには気を付けましょう。家族内での感染や再感染、再発の原因になることが考えられます。シラミ対策では家庭内からシラミを完全にシャットアウトすることが大切です。家族全員が協力して一斉に駆除することが必要です。

シラミの季節は1年中!今も日本でアタマジラミが流行してる事実

seasons0

シラミの目立つ季節と流行シーズンは違う

 一般的にシラミのシーズンはプールが始まる頃と秋口の2つと言われています。これはプール開きが近づくと、幼稚園や小学校ではシラミ検査を行うところがあり、発見数、相談件数が多くなるのでこの季節にシラミが目立っています。

 実際のシラミの流行季節はどうでしょうか?実はシラミに流行の季節はありません。人間の間だけで流行するアタマジラミという寄生虫は、人の頭髪を離れて暮らすことも繁殖することもできません。シラミは常にどこかで人間の頭髪に潜み流行拡大のチャンスをうかがっています。

 アタマジラミは人間の頭髪の上だけで暮らす生き物です。森や草原からやってくるわけではありません。人間の頭髪の中は暖かく保たれていますから、真冬でもシラミは感染者の頭の上で増殖を続けます。

 同じ吸血昆虫の蚊の最も多い季節は、本州ではおおむね7月~10月頃。シラミの場合はその年の流行した季節がシーズンです。現状、の本シラミは全てのシーズンで発生しています。

 海外では真冬が一番シラミが多いという地域もあります。1年を通して真冬の寒さの国々、年中真夏の赤道直下の国々。どこの国にもシラミは存在しています。

 衣服や生活習慣、環境などの違いに柔軟に適応してしまうアタマジラミ。対策は世界共通で早期発見と一斉駆除です。