タグ別アーカイブ: シラミ

【アタマジラミ】スミスリンより梳き櫛が優先!公的機関の駆除情報が次々と新しくなっています

ajisai-shiramiken

保健所を始め、市役所など公的機関の発するシラミ対策情報が見直されています。

 最近まで(現在も)多くの方が「最初にスミスリンシャンプー(駆除薬)」→「ダメなら皮膚科」→「そして梳き櫛」という流れでシラミを駆除してきました。これまで公的機関や皮膚科医が推奨してきた方法が主にこの方法によるものだったからです。

 新しく見直されているのはこの優先順位です。「第一に目の細かい櫛(シラミ用梳き櫛)」を推奨する公的機関が増えています。駆除剤は補助的に紹介されていたりします。まだまだ古い情報が掲載されているところもあるためお住まいの地域のサイトと見比べてみてはいかがでしょうか。

 アタマジラミが感染症や不潔なイメージから切り離され、容易に扱えるものだという理解が広まれば、不安やいじめ、偏見などシラミが社会で引き起こす様々な問題は解決できます。

スミスリンより梳き櫛を優先する

 スミスリンが問題なく機能していれば、旧来の方法でシラミの駆除は完了します。 しかし流行中のシラミが薬の効かない抵抗性シラミだった場合、旧来の方法では流行拡大のリスクを高めます。

 スミスリンによる駆除には1クール(2日おきに4回使用)10日間を要しますが、スミスリン無効なケースでは生きたシラミが感染力、繁殖能力を維持したまま頭髪に居残ってしまいます。この状態で通園・通学を続ければシラミは感染を広め続けるでしょう。 

 本来、スミスリンが有効であれば初日から感染に歯止めをかけることが可能です(幼虫・成虫は初回から駆除される)。ところが薬剤無効な抵抗性シラミに対しては、スミスリンを選択することによって初動が遅れ、逆にリスクを高めてしまう結果につながるのです。

 つい数年前までは、梳き櫛に関心を持っても梳き櫛だけでシラミを駆除しようという方は多くありませんでした。当サイトのようにシラミ用梳き櫛の有用性について紹介している個人や、優れた梳き櫛を販売するwebサイトはかねてから存在していましたが、駆除能力の信頼性という意味では、公的機関や医師による情報の前にかき消されていたように思います。

 日本では公的機関や皮膚科の医師でさえ互いに矛盾した情報を発することがあり、アタマジラミに困る一般の母親にとって大きな悩みの種となっていました。今、市役所や保健所などの信頼のおけるwebサイトが、第一に梳き櫛を推奨しはじめたことは大きな進歩に違いありません。 

シラミ用梳き櫛の駆除能力について

 シラミ専用の梳き櫛のみでアタマジラミを完全に駆除することができます。シラミの小さな幼虫や卵を取り残すことがない優れた製品を利用することで比較的簡単にシラミを解決することができます。

 信頼性の高いシラミ専用梳き櫛を2つ紹介します。

全米シラミ症協会開発 LiceMeister アタマジラミ用すき櫛
 全米シラミ症協会(National Pediculosis Association)が開発した ライスマイスター(LiceMeister) はシラミ対策にとても優秀な製品です。日本の民間調査団体の調査でも駆除性能が認められた信頼性の高い梳き櫛。保健所などで貸出用として採用されています。

  ≫≫ くせ毛にはライスマイスターが1番の理由!

ニットフリーコーム シラミ・卵駆除専用櫛
 日本で一番使われている梳き櫛の一つです。人気の製品なので、梳き櫛のみでシラミ駆除を行った体験談をレビューなどで見ることができます。どちらのクシを選択しても駆除可能です。

 様々なコームを使用してきましたが、当サイトでは使いやすいこの2つを推奨しています。もちろん、その他の製品でも成虫・幼虫・卵を残さず取り除くことができればシラミの駆除は可能です。

 具体的な梳きおろしの方法としては、頭皮から毛先まで全体をまんべんなく梳くことができればやりやすい方法でかまいません。大事なのはシラミと卵がなくなるまで繰り返し梳くことです。

 

お酢のシャンプーはアタマジラミに効きますか?

oil

 お酢を混ぜたシャンプーやトリートメントがシラミの駆除に役立つというお婆さんの知恵袋のような昔ながらの方法があります。

 スミスリンシャンプーのような便利な駆除剤もシラミ用に設計された駆除力の高い梳き櫛がない昔は、お酢を水で薄めたものを髪につけてアタマジラミを取りやすくしたと言います。もちろん今の日本のお店に並んでいる普通のシャンプーやコンディショナーなどもない時代です。物のない時代、手作業でシラミを退治しなければならないときに、お酢はシラミ退治にたいへん役立つものだったに違いありません。

 さて現在、インターネットなどでお酢によるシラミ駆除方法を探してみますと「お酢や薄めたレモン汁を髪につけた後で専用の梳き櫛で梳く」と言った情報が目立ちます。

 もし、しっかりした駆除力のあるシラミ専用の梳き櫛をお持ちである方なら、髪にお酢をつけなくてもシラミの卵・幼虫・成虫の全てを取り除くことができてしまいます。

 リンスに酢を混ぜて使用しても、お酢を混ぜないリンスで梳き櫛を使用しても効果は変わりません。

 「シラミが弱って取りやすくなる」というお話もありますが、ぜひ次の方法をお試しください。

普通のコンディショナーと梳き櫛がベスト

 普通のシャンプーをしっかり泡立ててきちんと洗髪した後。リンスやコンディショナーを髪につけたまま梳き櫛を使ってください。梳き櫛を使う前に、リンスのついた髪をなるべく目の細かい普通のクシで髪のからみを完全に取っておくと梳き櫛が効果的に使えます。

 シラミの小さな幼虫も、成虫も、しつこい卵も全て梳くだけで取り除くことができます。

 お酢の他、レモン汁や、オリーブオイルなど、いくつかの方法を実際に試しましたが、効果と準備、洗い流す手間、ニオイなどを考慮すると梳き櫛にはコンディショナーが最適なことがわかります。

 物のない昔、お酢はシラミとりに役立ったかもしれません。現在は良い梳き櫛を選べればお酢のお世話になる必要はありません

 その他、ティーツリーオイルやラベンダー、ブリーチ(脱色剤)なども直接シラミを取り除ける梳き櫛による駆除に勝ることはできません。

 ただ梳き櫛にも弱点があります。髪の長さや髪の質、量は個人差があります。シラミの駆除のための時間はどうしても髪の量に比例して長くなります。だからこそできるだけ使い勝手のよい効果的な梳き櫛を選択しなくてはいけません。

梳き櫛を選ぶならこの2つから選びましょう

 シラミを取り逃さない駆除力、髪に引っかかりにくい構造、スムーズに梳きとれる手軽さを備えた梳き櫛は1つです。

 ストレートヘアで毛量の多くない女の子はこちらもリーズナブルでオススメです。

 複雑な造りをしたメカニカルな高額の梳き櫛は要りません。シンプルで使いやすいものがシラミ取りには最適です。