タグ別アーカイブ: 抵抗性シラミ

【しらみ】しつこい集団発生の裏に抵抗性シラミの影あり!?

shiramishinobi

「こんなに子供たちからシラミが見つかるのは初めて」

 これまでに経験したことのないレベルのアタマジラミの集団発生。流行地域の幼稚園や保育園の関係者の方の中では話題になったこともあると思います。

 海外では繰り返されるシラミの大量発生が問題になってきましたが、日本でも水面下で始まってしまっていると考えられます。海外のシラミ大流行の背景には薬剤抵抗性シラミの存在があります。

 これまで日本でシラミがあまり目立たなかったのは、日本の入浴習慣がシラミの流行を抑制しているという説もありますが、欧米に比べ抵抗性シラミの割合が少なかったことが大きな理由だったと言えます。

 日本のシラミ対策は長年にわたりシラミ駆除剤であり、日本で唯一のシラミ駆除剤であるスミスリンは大いに貢献してきました。近年、アタマジラミが日本でも大規模に流行するようになりましたが、原因は抵抗性にあると考えます。

 近年の抵抗性シラミの流行状況に関する新しいデータは何年も公表されていませんが、今後明らかにされれば抵抗性シラミに対する常識は覆されます。私の体感している通りなら、多くの方が考えているよりも遥かに多くの抵抗性シラミが日本国内に流行しています。

 多くの方が今もスミスリンシャンプーのみでシラミを退治していますが、薬の効かないシラミを知っている立場からは到底おすすめできない方法です。

 大量発生にお困りの地域では初動でスミスリン単体による駆除を選択されていないでしょうか。抵抗性シラミはスミスリンを使用した後も生き残り、人に感染を広めるリスクがあります。必ず梳き櫛による直接の除去を併せて推奨しないといけません。

 日本でも徐々に駆除剤から梳き櫛へと駆除方法がシフトしつつありますが、そろそろ本格的に意識を変えなければいけない時期に入りました。日本の抵抗性シラミのリスクは過小評価されています。このままスミスリンを使用し続けても抵抗力をもつシラミが減ることは決してありません。

 欧米にはスミスリンよりも強力なシラミ駆除剤が使用できる地域があります。しかし強力な駆除剤をもってしてもシラミの流行を食い止められないのが現実です。プロのシラミ駆除サービスも活躍している地域もありますが、彼らが最終的に選択した手段も梳き櫛によるコーミングなのです。