タグ別アーカイブ: スミスリン

【アタマジラミ】髪を切る必要はなし?

 

headlicegirlshaircut

シラミのために無理に髪を切る必要はありません

「シラミにご注意を」プールの時期などに、学校や幼稚園などからシラミ流行のお知らせが届き、自分の子供の頭髪を覗くと同じものがついている。

アタマジラミは恐ろしくない寄生虫。害の小さな虫と分かっていてもいざその姿を見るとあせってしまう方もいらっしゃると思います。特に昆虫の苦手な方にとってアタマジラミはショックな出来事かもしれません。

あわてた人は色々なことを試そうとしてしまいがちですが、まず深呼吸してリラックスしてみましょう。「アタマジラミは怖くありません」。

アタマジラミは怖い病気を運んでいません。体の中に入り込むこともありません。まるで蚊のように頭皮から少しずつ血を吸い、血をエサにして生活します。困ってしまうのは、蚊のようにどこかにいるわけではなく、人間の頭の上で生活してしまうことです。

アタマジラミは髪ごと切る?

アタマジラミの住まいは人間の頭髪です。髪の毛にしがみついて生活しているので、髪の毛を全て剃り下ろしてしまえばアタマジラミはいなくなってしまいます。振り落とされたアタマジラミは長くても2~3日で飢え死にします。

ですから昔はアタマジラミがついたら「男の子は丸坊主」、「女の子もできるだけ短く切るべきだ」とよく説明されたものですが、現在では無理に髪を切る必要はなくなりました。

現在、シラミの駆除方法として推奨されているのは「シラミ専用の梳き櫛」を使う方法と、駆除剤を使用する方法です。どちらも髪を切らないで使用することができます。

アタマジラミのために髪を切るメリット

髪を短くするとシラミを駆除しやすくなります。

・髪の毛を短くすれば、アタマジラミが寄生できる場所、卵を産み付ける範囲が狭くなります。

・スミスリンシャンプーやしらみとりシャンプーを使用する際にも、髪の毛が少なければ薬液を頭髪全体に塗り広げる作業が楽になります。

・シラミ専用の梳き櫛が使いやすくなります。シラミ用に作られた梳き櫛は小さな卵が取り除けるほど目が細かく設計されています。通常のクシにくらべ引っかかりやすい性質があるので、短いほどスムーズな梳きおろしができます。

髪を切らないでシラミを駆除する方法

・シラミ専用の梳き櫛を使う。

ニットフリーコーム シラミ・卵駆除専用櫛」と「全米シラミ症協会開発 LiceMeister アタマジラミ用すき櫛」をおすすめします。

色々な髪質の子供に使えます。ストレートヘアで長さや毛量の普通の子供はニットフリーコームが入手しやすく便利です。

髪が長く、クセの強い髪(縮毛)の子、毛量が多く絡みやすい子供にはライスマイスターの方がおすすめです。ニットフリーコームは歯に溝があります。

長さや毛量により作業量が変わります。髪が少ない方が駆除に要する時間も短くなります。

・駆除剤(スミスリン、しらみとりシャンプー)を使う

容量とお値段は違いますが薬効成分は同じです(フェノトリン:濃度も同じ)。シャンプーのように髪につけて5分待って流すだけと、使い方が簡単なので便利です。通常10日程度で駆除できます。※抵抗力を持ち薬剤の効かないシラミが発生している

子供が嫌がったら髪を切らない

髪の毛に虫がいるというだけでも子供にとってはとても不安な出来事です。シラミの駆除のために無理に髪を切る必要はありませんので、子供の個性に合わせて暖かい対応をこころがけましょう。大人にとってちょっと大変なシラミ駆除も、子供にとっては「頼もしいお母さん、お父さん」の素敵な思い出になるかもしれません。

【アタマジラミ】スミスリンより梳き櫛が優先!公的機関の駆除情報が次々と新しくなっています

ajisai-shiramiken

保健所を始め、市役所など公的機関の発するシラミ対策情報が見直されています。

 最近まで(現在も)多くの方が「最初にスミスリンシャンプー(駆除薬)」→「ダメなら皮膚科」→「そして梳き櫛」という流れでシラミを駆除してきました。これまで公的機関や皮膚科医が推奨してきた方法が主にこの方法によるものだったからです。

 新しく見直されているのはこの優先順位です。「第一に目の細かい櫛(シラミ用梳き櫛)」を推奨する公的機関が増えています。駆除剤は補助的に紹介されていたりします。まだまだ古い情報が掲載されているところもあるためお住まいの地域のサイトと見比べてみてはいかがでしょうか。

 アタマジラミが感染症や不潔なイメージから切り離され、容易に扱えるものだという理解が広まれば、不安やいじめ、偏見などシラミが社会で引き起こす様々な問題は解決できます。

スミスリンより梳き櫛を優先する

 スミスリンが問題なく機能していれば、旧来の方法でシラミの駆除は完了します。 しかし流行中のシラミが薬の効かない抵抗性シラミだった場合、旧来の方法では流行拡大のリスクを高めます。

 スミスリンによる駆除には1クール(2日おきに4回使用)10日間を要しますが、スミスリン無効なケースでは生きたシラミが感染力、繁殖能力を維持したまま頭髪に居残ってしまいます。この状態で通園・通学を続ければシラミは感染を広め続けるでしょう。 

 本来、スミスリンが有効であれば初日から感染に歯止めをかけることが可能です(幼虫・成虫は初回から駆除される)。ところが薬剤無効な抵抗性シラミに対しては、スミスリンを選択することによって初動が遅れ、逆にリスクを高めてしまう結果につながるのです。

 つい数年前までは、梳き櫛に関心を持っても梳き櫛だけでシラミを駆除しようという方は多くありませんでした。当サイトのようにシラミ用梳き櫛の有用性について紹介している個人や、優れた梳き櫛を販売するwebサイトはかねてから存在していましたが、駆除能力の信頼性という意味では、公的機関や医師による情報の前にかき消されていたように思います。

 日本では公的機関や皮膚科の医師でさえ互いに矛盾した情報を発することがあり、アタマジラミに困る一般の母親にとって大きな悩みの種となっていました。今、市役所や保健所などの信頼のおけるwebサイトが、第一に梳き櫛を推奨しはじめたことは大きな進歩に違いありません。 

シラミ用梳き櫛の駆除能力について

 シラミ専用の梳き櫛のみでアタマジラミを完全に駆除することができます。シラミの小さな幼虫や卵を取り残すことがない優れた製品を利用することで比較的簡単にシラミを解決することができます。

 信頼性の高いシラミ専用梳き櫛を2つ紹介します。

全米シラミ症協会開発 LiceMeister アタマジラミ用すき櫛
 全米シラミ症協会(National Pediculosis Association)が開発した ライスマイスター(LiceMeister) はシラミ対策にとても優秀な製品です。日本の民間調査団体の調査でも駆除性能が認められた信頼性の高い梳き櫛。保健所などで貸出用として採用されています。

  ≫≫ くせ毛にはライスマイスターが1番の理由!

ニットフリーコーム シラミ・卵駆除専用櫛
 日本で一番使われている梳き櫛の一つです。人気の製品なので、梳き櫛のみでシラミ駆除を行った体験談をレビューなどで見ることができます。どちらのクシを選択しても駆除可能です。

 様々なコームを使用してきましたが、当サイトでは使いやすいこの2つを推奨しています。もちろん、その他の製品でも成虫・幼虫・卵を残さず取り除くことができればシラミの駆除は可能です。

 具体的な梳きおろしの方法としては、頭皮から毛先まで全体をまんべんなく梳くことができればやりやすい方法でかまいません。大事なのはシラミと卵がなくなるまで繰り返し梳くことです。

 

スミスリンシャンプーは感染予防に使えない

keepout

シラミ駆除剤は予防薬ではありません

 スミスリンシャンプーやシラミとりシャンプーに予防効果はありません。どちらもフェノトリンという成分で作られた殺虫剤です。フェノトリンはシラミの幼虫と成虫を殺虫する目的で使用されます。

 幼稚園や保育園からのシラミ発生のお知らせや、小学校の保健だよりを見て驚かれてスミスリンを予防の目的で使ってしまう方がいますが予防のために使う薬ではないので気を付けましょう。

念のために家族全員にという使い方

 子供が一人感染したら家族全員分のスミスリンを購入して使わなければならないわけではありません。明るいところで家族の頭髪をチェックして、シラミや卵がないことを確認すれば不必要な殺虫剤を使う必要はありません。スミスリンシャンプーは1人(4回分)で1本です。安い駆除剤ではありませんので家族分を購入すると経済的にも負担になります。もし何となく安心できないという方は、ぜひシラミ用の梳き櫛を入手してください。

 シラミ用の梳き櫛はシラミの感染チェックにもとても役立つものです。家族で何度も使用できて駆除効果も高い、良い梳き櫛を選びましょう。

 シラミ駆除のお手伝いをしていく中で、特に使いやすかった2種類の梳き櫛をご紹介します。

>> おすすめの梳き櫛

くせ毛、硬い、太い、毛量が多い、長い髪の女の子には溝の入っていないタイプをオススメしています。