タグ別アーカイブ: スミスリンシャンプー

【併用がベスト】スミスリンシャンプーとシラミ専用梳き櫛を併用をする理由

アタマジラミのより確実な駆除には『スミスリンシャンプーとシラミ専用梳き櫛の併用』が必要

スミスリンシャンプーとシラミ専用梳き櫛の情報を調べると、それぞれを推奨する立場の情報元の双方がお互いに、どちらか一方で良いという意見を述べていると思います。今回は、それぞれのメリットとデメリットを簡単にお話ししてみたいと思います。

まずはシラミ専用梳き櫛の購入を優先

スミスリンシャンプーとシラミ専用梳き櫛を入手するにはどちらも相当のお金がかかります。どちらか一方を選ぶとしたら現時点の当ブログではシラミ用の梳き櫛を選択します。理由は『1度の購入で家族全員が繰り返し何度も使用できること』。シラミ専用梳き櫛は手作業という手間はかかりますが物理的に直接アタマジラミとその卵を排除することができます。正しい使用法でコーミングを繰り返せば全てのアタマジラミを頭髪から除去することができます。除去されたアタマジラミは再び頭髪に戻れなければ短期間で飢え死にします。アタマジラミは人間の頭髪に寄生していなければ生ることができない寄生虫なのです。

おすすめのシラミ専用梳き櫛はこちらです。

【国内正規品】ニットピッカーフリーコーム シラミ・卵駆除専用櫛

様々なシラミ用梳き櫛が販売されてますが、通常ニットピッカーフリーコームでアタマジラミは駆除可能です。※例外:頭に怪我があり包帯をしている等、櫛を通せない理由がある場合。こちらは正規の代理店ソルドジャパンにより販売されているニットピッカーフリーコーム(旧ニットフリーコーム)です。類似品が出回っているようですのでこちらを選択すると確実なものが届きます。

再発防止のためには、再付着の予防と家族や幼稚園・学校で情報共有し一斉駆除が必要です。たとえ再発・再感染した場合でも、予めシラミ専用梳き櫛が手元にあれば、その場で駆除を開始することができます。頭髪からシラミを全て除去することができれば、最短1日でシラミの駆除は終了です。取り残しの確認のために10日程度はチェックのため定期的に梳き櫛を通しましょう。

アタマジラミ専用梳き櫛の心配なところデメリット

・実店舗で販売されている所が少ないことから基本的に通信販売で入手することになると思います。シラミの感染力は強いので届くまでの時間に広めてしまう恐れがあります。
・手作業になりますので毛量の多い方やクセの強い方はやや手間ががかかることがあります。時間はかかりますが根元から髪を小分けにして繰り返し行います。

スミスリンシャンプーの心配なところデメリット

・新製品の販売されているスミスリンシャンプープレミアムの殺虫成分は旧製品と同じものが使われています。新製品のパッケージには『抵抗性アタマジラミにも効く』と表示されていますが、フェノトリン濃度も同じですので不安が残ります。旧製品は大手のドラッグストアでは必ず置いてあるほどシラミ駆除では有名な製品で、ネット上でもシラミを検索すれば必ず目にするような状況にありました。それにもかかわらずシラミの流行は減っていない(当ブログ調べ)ことから単体では不十分と推測し梳き櫛との併用をおすすめしてきました。いくつか原因を予想してますが別の話題ですので話を進めます。

・スミスリンシャンプーは一人に1本必要になります。家族で一人シラミの寄生が確認されれば一斉駆除の必要がありますので、家族分用意するのが好ましいものです。高額になります。また、家族間の移し合いや地域(学校や幼稚園、保育園)での集団感染があれば再感染の恐れもあります。その場合にはスミスリンシャンプーを再度購入しなくてはなりません(シラミ専用梳き櫛であれば1本の購入で済みます)。

シラミ専用梳き櫛ニットピッカーフリーコームのメリット

上記の通り、1本で家族全員のシラミの駆除を行えます。直接シラミと卵を取り除けますので確実にシラミを除去できます。持っていれば再び感染してしまった時にも使用できます。また、梳き櫛でコーミングすることでシラミの感染チェックにも役立てることができます。櫛の歯と歯の隙間にシラミの卵が挟まります。目の良い方なら目視で、見にくければ虫眼鏡を使うとシラミの卵を確認できます。

スミスリンシャンプーのメリット

大手のドラッグストアでどこでも購入でき、その日のうちに使用を開始できます。「髪全体につけて5分待ち洗い流すだけ」という簡単な作業でシラミを駆除できます。シラミの卵に生き残りが生じるので指定期間(2日おきに1回、10日間)繰り返します。購入したその日に成虫・幼虫を駆除できますので、シラミを他人に広めてしまう心配がなくなります。

シラミの駆除は簡単です

シラミは蚊のように自由に飛び回ることも、バッタのように飛び跳ねることもできません。頭髪の間を綱渡りするように動き回る小さな昆虫です。人生のほとんどを人間の頭の上で過ごします。人の頭から離れれば数時間から数日程度で飢え死にします。シラミは人の頭から引き離すだけで駆除することができます。

スミスリンシャンプーの殺虫成分フェノトリンは、蚊取り線香に含まれるピレトリンと似ています。蚊が蚊取り線香の煙にまかれて落ちるように、スミスリンシャンプーの薬液に触れたアタマジラミは髪にしがみつくことができなくなり引き離されます。効きにくい抵抗性アタマジラミの存在が心配されますが、同じように抵抗性を手に入れたゴキブリはどうでしょうか?旧型の殺虫剤を振りまいても苦しみもしないゴキブリに遭遇したことはありますか?この点では抵抗性アタマジラミに対してのフェノトリンは健在だと思います。問題なのは薬液を髪全体(全てのアタマジラミ)に行き渡らせることができるかどうかです。新製品のスミスリンシャンプープレミアムはその点が改善されています。薬液の泡を細かくしたことによりアタマジラミへ殺虫成分が触れやすくなりました。

スミスリンシャンプーとシラミ専用梳き櫛の併用でシラミを確実に駆除

初日から使用できるスミスリンシャンプー。繰り返し物理的な駆除が行えるシラミ専用梳き櫛。両方のメリットを活用すればアタマジラミはより確実に駆除することができます。地域の保健所のシラミ対策情報はどうなってますか?近年アタマジラミ対策情報も大幅に更新され、当ブログと同じく薬剤&梳き櫛の併用を推奨するところが増えています。

海外からのアタマジラミ

海外からの観光客の増加でアタマジラミが増えることが心配されています。実際は観光客の増加以前からアタマジラミは流行しています。決して目立つことはありませんが、シラミの流行がなかった年はありません。これは世界中で同じです。昔から人の活発に往来するところではアタマジラミは流行するものでした。先進国でも発展途上国でも変わりません。心配はいりません。シラミがついてしまったら取ればいいのです。お金持ちでも一般の家庭でもシラミは同じように広まります。シラミが来ない場所。それは人々の行き来がなく隔絶された場所なのかもしれません。

シラミはついたら取ればいい

アタマジラミは例えば蚊のようなものです。蚊と違うのは人間の頭の上を住処にしてしまうこと。頭から引き離せばそれだけでアタマジラミは居なくなってくれます。問題なのは小さくて気づきにくいこと。気づかない間に人の頭から頭へ乗り移ります。アタマジラミの流行を食い止めるためには地域にシラミがいることを情報共有することが大事です。協力して一斉に駆除を開始すれば行き場をなくしたシラミはいなくなります。時間差をつくってはいけません。

費用に配慮したおすすめの併用方法(提案)

子育て世代には何かとお金がかかります。一番お金のかからない方法は「シラミ専用梳き櫛を単体で使うこと」ですが、櫛が手元に届くまで生きたシラミを頭の上にそのままにしているのは家族内での感染の恐れもあり、よろしくありません。そこで登場するのがスミスリンシャンプーです。まずドラッグストアでスミスリンシャンプーを入手しますが、購入するのは家族の最初の1回分だけです。家族全員分をそれぞれ1本ずつ購入すると高額になりますが、最初の1回分
だけであれば、1本で3~4人分の量になります。

最初の1回をスミスリンシャンプーで駆除する理由

通常のシラミの成虫・幼虫は1回目のスミスリンシャンプーでほぼ全滅させることができます。スミスリンシャンプーを複数回繰り返す理由は、スミスリンで確実に駆除することのできないシラミの卵に対応するためです。ニットピッカーフリーコームが手元に届くまでの時間稼ぎとして家族に1回分スミスリンシャンプーを使用します。当然ですが生き残りの卵から孵化したシラミの幼虫は、成虫に育つまで卵を産むことはできません。通常なら2日おきに1度の間隔で使用するスミスリンですが、あらかじめニットピッカーフリーコームを注文しておけば、配送の早い通販ショップを選択すれば2回目の使用ごろには手元に梳き櫛が届きます。あとは梳き櫛1本で家族全員のアタマジラミを駆除することができます。手作業で手間もかかりますが頑張りましょう。

【しらみ】しつこい集団発生の裏に抵抗性シラミの影あり!?

shiramishinobi

「こんなに子供たちからシラミが見つかるのは初めて」

 これまでに経験したことのないレベルのアタマジラミの集団発生。流行地域の幼稚園や保育園の関係者の方の中では話題になったこともあると思います。

 海外では繰り返されるシラミの大量発生が問題になってきましたが、日本でも水面下で始まってしまっていると考えられます。海外のシラミ大流行の背景には薬剤抵抗性シラミの存在があります。

 これまで日本でシラミがあまり目立たなかったのは、日本の入浴習慣がシラミの流行を抑制しているという説もありますが、欧米に比べ抵抗性シラミの割合が少なかったことが大きな理由だったと言えます。

 日本のシラミ対策は長年にわたりシラミ駆除剤であり、日本で唯一のシラミ駆除剤であるスミスリンは大いに貢献してきました。近年、アタマジラミが日本でも大規模に流行するようになりましたが、原因は抵抗性にあると考えます。

 近年の抵抗性シラミの流行状況に関する新しいデータは何年も公表されていませんが、今後明らかにされれば抵抗性シラミに対する常識は覆されます。私の体感している通りなら、多くの方が考えているよりも遥かに多くの抵抗性シラミが日本国内に流行しています。

 多くの方が今もスミスリンシャンプーのみでシラミを退治していますが、薬の効かないシラミを知っている立場からは到底おすすめできない方法です。

 大量発生にお困りの地域では初動でスミスリン単体による駆除を選択されていないでしょうか。抵抗性シラミはスミスリンを使用した後も生き残り、人に感染を広めるリスクがあります。必ず梳き櫛による直接の除去を併せて推奨しないといけません。

 日本でも徐々に駆除剤から梳き櫛へと駆除方法がシフトしつつありますが、そろそろ本格的に意識を変えなければいけない時期に入りました。日本の抵抗性シラミのリスクは過小評価されています。このままスミスリンを使用し続けても抵抗力をもつシラミが減ることは決してありません。

 欧米にはスミスリンよりも強力なシラミ駆除剤が使用できる地域があります。しかし強力な駆除剤をもってしてもシラミの流行を食い止められないのが現実です。プロのシラミ駆除サービスも活躍している地域もありますが、彼らが最終的に選択した手段も梳き櫛によるコーミングなのです。

 

シャンプーで洗髪すればシラミは駆除できる?

shabon

 シラミの成虫は髪を丁寧に洗うことである程度洗い流すことができます。シャンプーを泡立てた髪に目の細かいクシを通すと泡に包まれたシラミが落とされるのを確認することができます。

シラミはシャンプーしてればいなくなる?

 成虫がシャンプーで落ちるのなら、頭を清潔に保てば洗髪だけでシラミはいなくなるのでしょうか?答えはNOです。

 普通のシャンプーで毎日洗髪するだけでは全てのシラミを洗い流すことはできません。髪に固く接着された卵(ニット)があるからです。シラミの卵はとても丈夫です。スミスリンなどの薬剤も卵の中にまで行き渡らず生き残ります。

 シラミの卵の特に厄介なところが接着物質の丈夫さです。髪にしっかりと産み付けられた卵の接着物質はシャンプーの洗浄力では洗い流すことができません。手で取るにしても、爪の先で強くつまみ、卵を毛先までスライドさせて抜き取らなくては簡単には取れません。

 シラミの成虫の雌は1日に1匹で多ければ8個もの卵を産みます。髪を洗って清潔にしていても増殖を遅らせることはできても、それだけで増えてしまったシラミを除去することはできません。

普通のシャンプーでシラミを駆除するなら専用のクシが必要です。

専用のクシがあれば普通のシャンプーで良い!

 シラミの卵を除去するために設計された専用のクシがあれば、シラミシャンプー(薬剤)を使わなくてもシラミを完全に退治することができます。

シラミ専用梳き櫛なら、普通のシャンプー、いつもの洗髪時にシラミを完全に除去できる

普通のシャンプーでしっかりと洗髪した後にコンディショナーをたっぷりつけます。普通のブラシかクシを使って髪をストレートによくとかしてください。コンディショナーはつけたままにすると、その後の作業が楽です。

>> お風呂でシラミを退治しよう!

2本目のスミスリンは買わないこと

komattasensei

 アタマジラミを効果的に駆除できるスミスリンシャンプーは、使い方も塗って5分待つだけという簡単で便利なものです。殺虫成分はピレスロイド系のフェノトリン。人体には安全性の高いと言われる殺虫剤です。

 スミスリンシャンプーは一人分(4回10日間)で2,800円ほどのお値段がします。幼虫、成虫に効果的に働くので、子供のシラミ感染に気がついた初期に使用すると、その後の家族内の感染を防ぐのにも役立ちます。

 発見が遅れ気づいた時に既に家族に広まっていた場合には、家族分のスミスリンLシャンプーを購入することになります。人数によっては大きな出費になる駆除方法です。また、スミスリンに抵抗力をもったシラミに対しては効果がないことがあるのでその点も注意して使いましょう。

スミスリン2本目、効かないシラミを疑うべし

 1通りのスミスリンを終えたにもかかわらず、シラミが駆除できていないことがあります。少し前は「スミスリンの量、回数が足りない」と追加で購入を促す先生もいらっしゃいましたが、海外でピレスロイド抵抗性のアタマジラミが問題になっている近年ではスミスリンが効かなければ抵抗性シラミを疑わなくてはいけない状況になりました。

 本来スミスリンは通常のシラミに対しては1度の使用で成虫のほとんどを駆除できるほど効果的な駆除剤です。1回目、2回目と使用した後に大きく育った成虫が頭髪に住みついていることは通常のシラミでは考えられません(家族や集団内でうつし合っている場合は別)。

 スミスリンが効いていないと思ったらすぐに別の方法、物理的な駆除方法に切り替えなくてはいけません。

>> 梳き櫛(すきぐし)で直接シラミを除去

 スミスリンを何度も使って数万円のお金をかけて駆除できなかったという例もあります。もし、スミスリン単体でシラミを駆除していて失敗が続いている方がいたら、ぜひ抵抗性シラミと梳き櫛による駆除方法を教えてあげてください。

面倒なシラミの卵を効果的に取る方法

Headlice

シラミの卵を発見する

 アタマジラミの駆除で手間がかかるのが卵の駆除です。繁殖能力の強いアタマジラミは卵を取り逃すと1週間程度で孵化し、その後1~2週間で成虫になり再び卵を産み始めます。

 シラミの卵は髪の毛の根本付近に産み付けられます。接着剤のように丈夫な物質で髪の毛に産み付けられるため振り払っても落とすことはできません。

 シラミの寄生数が少ない頃に成虫や幼虫をみつけるのは大変ですが、髪を掻き分け注意深く観察すればシラミの卵は比較的簡単に発見することができます。

 卵は遠目ではフケのように見えますが、虫眼鏡などを使って確認するとシラミ卵特有の長円の形状をしていることがわかります。 シラミの卵

 大きさは横0.3mm、縦0.8mほど、およそ0.5mm位とイメージしてください。目の良い方は肉眼でも形状を見ることのできるサイズです。色は白か黄色がかった白色に見えると言われますが。卵の時期や状態により茶色や黒っぽく見えることもあります。

 卵の殻は半透明なので孵化前の中身の入っている卵と抜け殻では色が変わって来ます。。色で判断するよりも髪の先端に向け斜めに産み付けられた形を見比べた方が確かめやすいでしょう。

 また髪に付着した他のゴミと卵が見分けにくいこともありますが、フケやホコリは触れば簡単にとれますが、シラミの卵は強く掴み髪の先へスライドさせなければ簡単には取ることはできません。

シラミの卵の除去方法

 シラミの卵の除去は素手でも行えますが、1つ1つを目視で発見して手作業で取りつくすのには膨大な手間と時間を費やすことになります。

 やや古いシラミの駆除情報を目にすると、シラミの卵が付着した髪の毛を1本1本ハサミで切り取るなどと書かれているものも見受けられますが、根元に産み付けられた生きた全ての卵を取り除くのには効率的とは言えません。

 アタマジラミの駆除のためには成虫・幼虫と同時に生きた卵も一つ残らず取り去る必要があります。アタマジラミの雌1匹が1日に産卵する数は1日に1~5個(多けらば8個)。できるだけスピーディーに効率的な方法で卵を駆除しなくてはなりません。

>> アタマジラミの駆除方法

シラミ専用の梳き櫛(スキグシ)を使った方法

 色々な梳き櫛が販売されていますが、一番駆除力が高いと言えるものは弾力性のある金属の梳き櫛です。可能な限り卵と成虫を逃さない製品を選択しなくてはなりません。シラミの幼虫と成虫が1.0~3.5mmほど、小さな卵の横幅が0.3mmなのでそれよりもクシの間隔の狭いものを選択しなくてはなりません。

 >> 厳選!シラミを確実に除去するための道具

 髪の毛をしっかり挟み込み、1ストロークで逃さずシラミを除去できる梳き櫛があります。優良な梳き櫛に出会えれば、シラミの除去は難しいものではありません。駆除方法はただシラミと卵を梳き落とすだけ。

 製品によっては頭皮や頭髪を傷つけるものもあり注意しなくてはいけません。また、髪質によっては使いにくい製品もあるので、そのあたりも配慮された信頼性の高い製品を選ばなくてはなりません。駆除能力として間違いない製品として2つを紹介します。

ニットフリーコーム シラミ・卵駆除専用櫛
 シラミ専用梳き櫛として世界中で使われている梳き櫛です。駆除性能としては間違いなく髪の毛からシラミと卵を梳き落とすことができます。クシの歯に独特な溝が入っているので、髪質によってやや絡みやすい特徴があります。あらかじめ良く髪を梳いておく、ローションやコンディショナーを髪に塗布しながら梳くなど工夫すると改善されます。

全米シラミ症協会開発 LiceMeister アタマジラミ用すき櫛
 日本の調査団体による試験結果によれば、ニットフリーコームよりも駆除性能を示す数値は優れます。ライスマイスターは全米シラミ症協会が開発しました。 外国人特有のカールした頭髪にも対応するように作られていいるので、太い、クセの強い髪質でもスムーズな駆除が行えます。日本でも保健所など公的機関で採用されている実績のある梳き櫛です。

大手の通販モールでも購入することができますが、到着の早いAmazonを利用するのも良いでしょう。現在どちらの櫛も取り扱っています。

Amazonプライム「お急ぎ便」 の無料体験はこちら
■お急ぎの方はAmazonプライムの無料体験で「お急ぎ便」を使うと早く届いて便利です

駆除剤スミスリンシャンプーについて

 スミスリンシャンプーは成虫と幼虫に効き、卵を直接殺虫することができません。卵の孵化を待ち、繰り返し10日間(4回)行うことでシラミの成虫と幼虫を殺虫する駆除方法です。

 スミスリンについたプラスチック製のクシは抜け殻を取り除くには十分ですが、生きた卵を効率よく全て取り除くのには適しているとは言えません。もし付属のクシで梳くだけでシラミの卵が効率よく除去できるのであればスミスリンは必要ありません。駆除方法の考え方がシラミ用梳き櫛とスミスリンでは違います。

 スミスリンが効果的に働けば、塗るだけでシラミを駆除できるので便利なものです。ところが最近のシラミの中に薬の効かないものが広まったことからスミスリン単体による駆除が問題視されるようになりました。

 カナダや北米ではシラミ症例のうち97%~99%を超えるアタマジラミに抵抗性の遺伝子が見つかったと報告されています。日本でも抵抗性シラミが問題になっていますが、国立感染症研究所などの情報によれば海外と比較すればまだ日本の抵抗性シラミの数は少ないとされています。もし薬の効かないシラミに感染されたとしても、梳き櫛を使った駆除を選択することで駆除できますのでご安心ください。

 スミスリンは本来シラミに対してとても効果的な駆除薬です。もし、スミスリンを使用していても成虫がいる、新しい卵が見つかるなど、シラミが退治できていないと感じたら、すぐに梳き櫛による駆除に切り替えてください。