【アタマジラミ】梳き櫛を使う際に髪を濡らす、またはコンディショナーを使用する必要があるか

しらみ研では「コンディショナーを使用する方法」を提案しています。海外では”Wet Combing(ウェットコーミング)”と呼ばれることがあります。

現在、日本の行政機関や皮膚科、小児科。海外の政府機関などで推奨されている一般的なシラミ駆除方法の一つです。

海外では2005年ぐらいからコンディショナー関連の複数の研究が行われました。当時、問題視されていたのはシラミ駆除のためのエヴィデンスのない製品が乱立していたことです。コンディショナーが卵を除去しやすくするという情報は比較的簡単に見つかるので、興味のある方は探してみてください。

例えば【2014年アメリカ昆虫学会】”Water and ordinary hair conditioner significantly facilitated the removal of nits… “
テスト環境にて、水と普通のコンディショナーはNIT(シラミの卵)の除去を著しく促進した。

これは市販されている専用卵除去剤と普通のコンディショナーの比較研究で、少しテーマが違いますが、結果としては「専門の卵除去剤と普通のコンディショナーの間に効果の違いがなかった」というものです。そして水と普通のコンディショナーは卵の除去を大幅に促進したとも言っています。

正規代理店ソルドジャパンは否定的な見解

画像は日本で唯一のニットピッカーフリーコーム正規代理店ソルドジャパンの水分とコンディショナーに対する見解です。

あたまじらみ.COM (ソルドジャパン)

「頭シラミの卵を取る目的にリンス・コンディショナーの使用は本末転倒」とのこと。難しいところですね。

正規の代理店が公式に表示していますので、何らかのウェットコーミングに適さない事情があるはずです。

コンディショナーで梳くにはライスマイスター

結論。正規代理店ソルドジャパンがウェットコーミングを推奨していない以上、コンディショナーを使用する場合に選択する梳き櫛はこちらのライスマイスターです。


全米シラミ症協会開発 LiceMeister アタマジラミ用すき櫛

コンディショナーを使用したシラミの梳き方はウェットコーミングという方法です。2019年現在では国際的にスタンダードなシラミ駆除方法とも呼べるほどの立ち位置まで来ています。

ニットピッカーフリーコームは良い梳き櫛ですが、もしウェットコーミングが推奨されない製品なのであれば、当ブログが推奨するシラミ専用梳き櫛は「ライスマイスター」の一択ということになります。

乾いた髪で使用する場合、歯に凹凸のないライスマイスターの方が女性の髪を傷めにくい梳き櫛ということになります。ライスマイスターはウェットコーミング推奨の梳き櫛です。

髪の痛みが気になる方はぜひライスマイスターをお試しください。ニットピッカーフリーコームより歯に溝のないライスマイスターの方がスムーズな櫛通りでシラミの駆除が行えます。

毛量が多い女性、縮毛の強めな女子に凹凸のないライスマイスターが適しています。

乾いた髪にニットピッカーフリーコームでは難しい髪質

例えば「乾いた髪にコンディショナー」を使用した方法や、「かなり強い縮毛」の女子に対応するためのウェットコーミング。逆に「卵のすり抜けやすい髪の細く短い男子」に対応した梳き方など。

言及していない理由は、代理店サイトとの意見の食い違いが原因なだけではなくて、髪質や使用者の手使いによって効果に差が出てしまう恐れがあったからです。

かなり強めの縮毛」ですが、例えば女性お笑いコンビ、ニッチェの江上敬子さんのような髪質を想像してください。そのままのニットピッカーフリーコームでは髪が引っ掛かりやすく、通常の櫛で入念に梳いた後でも難しい場合があります。コンディショナー使用で大幅に改善できます。

女子よりも短く細すぎる髪の男子の場合、梳き櫛の先の方は卵がすり抜けることがあります。Amazonなど通販サイトの低評価レビューを参考にしてください。

すり抜けて使えなかったという意見がありますよね。5年以上前から同様のレビューはあちらこちらで囁かれていますが、具体的な対応策の回答は掲載されていません。

摩擦係数を下げつつ、卵をすり抜けさせないで取るコツもあります。水平に梳き櫛を差し込み歯を横から締めつけながら梳くのです。

初めての方には難しい方法ですし、安全面も保証できませんが、短い男子のシラミの卵は、指で一つ一つ取るよりもはるかに効率的に除去できます。

しらみ駆除にコンディショナーを推奨している機関など

保健所や市役所など日本の行政機関などのシラミ情報で簡単に見つかります。海外でも英国保健省やオーストラリア政府機関の他、大学、研究所、病院、新聞メディア等、実に多くの場所でコンディショナーを用いた方法が紹介されています。

キーワード”head lice, treatment, conditioner, wet-combing”
「アタマジラミ、コンディショナー、市町村」などで簡単に見つかります。この5年ほどの間にたくさんの情報が更新されています。お住いの自治体、地域の保健所の情報もチェックしてみてください。

・2012年5月1日横須賀市 アタマジラミについて

シャンプー後にヘアコンディショナー(リンス)をつけて、目の細かいクシで髪の根元から梳(す)きとります。クシにシラミや卵が引っかかったら、つぶしてください。成虫や卵が多いときには、駆除専用のクシを使うと効果的です。クシの目の幅が広いと卵が引っかからないことがあります。

・2017年2月26日 東大阪市 アタマジラミを見つけたら

シャンプーで洗髪した後、髪をよくすすぎ、クシどおりを滑らかにするため、頭髪に適量のリンス(コンディショナー)をつけます。

・2016年3月25日福岡市 アタマジラミについて

たっぷりのリンス(コンディショナーでもよい)やベビーオイルを頭髪に付けて,専用のクシですき取る。

・2015年2月26日熊本市 アタマジラミについて

シャンプー後にコンディショナーを髪につけ、目が細かい専用の「すき櫛」を用いて髪の根元から卵を梳きとることで除去します。

・札幌市 すきぐしを用いた駆除方法

目の細かいくしを用いてアタマジラミの成虫(幼虫)と卵を物理的に取り除く方法です。使用前に普通のくしで髪をとかしたり、コンディショナーを使用すると、すきぐしが通りやすくなり、髪を傷めにくくなります。

シラミを駆除するため必要なもの

梳き櫛1本でシラミを駆除される方は「梳き櫛のみ」。

スミスリンと併用される方は「スミスリンと梳き櫛」

ウェットコーミングをされる方は梳き櫛にライスマイスターを選択してください。

>>Amazonのライスマイスターを購入する
>>楽天市場でライスマイスターを購入する

しらみ研の思い

当サイトでは、シラミに困っている方々が「より早く、安全で確実に、またコストのかからない方法」でシラミ対策が行える有益な情報発信ができるよう心がけています。

現在、日本のシラミ駆除と言えば「梳き櫛」と「スミスリン」という2つ、または併用という選択肢まで絞られてきました。

シラミの駆除は基本的に梳き櫛1本で足ります。速さと確実性を考慮した上では新型のスミスリンシャンプーの併用もおすすめしていますが、シラミの駆除自体は梳き櫛1本で十分に行えます。

梳き櫛によるシラミ駆除は「シラミ専用梳き櫛以外の製品を一切購入することなく」シラミを退治することができます。酢やワセリン、油、ティーツリー、その他シラミ除けスプレー等の製品を推奨いたしません。

電気コーム、掃除機を使った駆除製品、エヴィデンスのない製品、効果のないであろう製品については否定も肯定もいたしませんが、特に必要のないものと考えています。

我が国の親がシラミ対策に費やす費用は非常に高額です。シラミ専用梳き櫛でさえ、米国と比べても2倍のお値段です。スミスリンを家族分使用した場合の金額も考えてください。

平成にはたくさんの災害がありました。

災害後、家族分のスミスリンが入手できなかったある家庭では、普通のクシと手作業でシラミの駆除を行っていました。もし今のようにシラミ専用梳き櫛が一般的なものになっていたら、梳き櫛1本でもっと楽にシラミの駆除が行えたはずです。

つい数年前までは国内外で様々な情報が交錯し、多種多様な製品が乱立している状態でした。その中には偽物や粗悪品、効果と安全性に根拠がないもの。まったく効かないであろうものまで含まれていました。

溢れる情報に流されず、自分自身で納得した方法でシラミ対策を選んてください。情報元の肩書きだけで鵜呑みにするべきではありません。今とは真逆の情報が当たり前に出回ってました。

研究者の方、美容院、学校の先生、皮膚科、小児科の先生。信頼を置ける方々はずっと前からブレることのない情報を発信しています。

今後も新薬が発表されたり、新製品が発売されたりすることがあると思います。その時にはまた新しい情報を発信できたらと思います。