【しらみ】アタマジラミの症状と対策は?

アタマジラミに寄生されたときの症状

 最近、子供がよく頭を掻いている、頭がかゆいと訴える。「どうしたんだろう?」と覗いてみると子供の頭髪に何かがついていることに気づいた。シラミの発見シーンはこんなことが多いです。

シラミの症状の第一は痒み

 そうです。アタマジラミに感染すると頭が痒くなります。シラミは人の頭髪に住み着き、血を吸いながら生活する寄生虫です。血を吸うときは頭皮に噛みつきます。噛みつくときに少量の唾液を皮膚内に注入するのですが、この唾液が人間の皮膚にアレルギー症状を引き起こします。痒みの程度には個人差があります。

 寄生されたシラミが少ないうちは、痒みに気がつかない人も多いと思います。ですがシラミの繁殖力は強いので次第に数は増えてきます。何かおかしいと気が付いたときには、たくさんのシラミが頭髪に住み着いてしまっていることがよくあります。

 「どんな痒さですか?」ちょうど蚊にさされるような痒みに似ています。チクチクむず痒いような感覚です。数が増えてくると吸血される個所も増えますので酷い痒みになります。

 シラミ症の危険性

 シラミの症状は基本的には痒みなどアレルギー症状だけです。危険な細菌やウイルスを媒介していることは、今のところ確認されていません。大きな危険はありませんが、ただの痒みというのもつらいものです。

 強い痒みによる不眠は心身の不調の原因になります。また皮膚の弱い方、アトピー性皮膚炎などアレルギー体質の方には皮膚症状が強く出る場合があります。夏場などは書き傷から細菌が感染する恐れもあります。

 小さな子供たちが受けるシラミの被害として一番大きなものは心の傷だと思います。シラミは恐ろしい虫でも汚い虫でもありません。シラミが子供たちのいじめや差別につながらないよう大人がしっかり見守る必要があります。

シラミに感染したときの対策

 まずはシラミを頭髪からすべて除去する必要があります。シラミ専用の梳き櫛1本で対策することができます。スミスリンシャンプーなどの駆除剤と併用すればより確実です。

>>シラミ駆除のための最速レシピ

 痒みについては通常シラミがいなくなり吸血されることがなくなると自然に回復します。湿疹、ひっかき傷、細菌感染による化膿など、気になる皮膚症状がある場合は皮膚科を受診しましょう。

梳き櫛には様々な梳き櫛がありますが、シラミ駆除用の梳き櫛はこちらのニットピッカーフリーコーム(旧ニットフリー)が良いです。1本でシラミのチェックから駆除まで、家族全員が行えます。

アタマジラミ専用梳き櫛

楽天市場のニットピッカーフリーコーム
Amazonのニットピッカーフリーコーム