子供のアタマジラミは「もちろん大人にも移ります」

「子供の間で流行」している。特に日本では「大人は移りにくい」というイメージが先行しているので見過ごしがちですが、子供と同じように大人もアタマジラミに感染します。

「シラミの乗り移りやすさ」ということだけに焦点を絞れば、「子供も大人も変わらない」と私は思います。

やはり感染しにくさというものはあります。小さな子供たちと大人とでは頭の洗い方や自己管理能力が違うからです。

アタマジラミは大人も子供と同じように注意が必要です

では全くの無防備で大人に子供のシラミが感染しないかというと、これは意外と簡単にシラミは大人にも感染してしまうものなのです。

私は自分の頭髪で実験したので間違いありません。本当にスッと頭髪に忍び込まれてしまいます。そして、すぐに最初の卵を産み付けられてしまうのです。

例えば洗髪のできない環境で毎日「添い寝をする」「抱っこする」などの接触があれば、アタマジラミには簡単に寄生されてしまいます。

日本とは水質が違うので毎日は洗髪できない国がありますよね。調べると先進国でも大人がアタマジラミに頻繁に感染していることがよくわかります。

毎日入浴できる環境でも、保母さんなどはシラミを経験したという方は少なくないですね。実はお父さんお母さんでも良くあることなんです。ほとんど目立ちませんが特によくあるのがお母さんですね。

>>大人もアタマジラミに注意を

目立たないのは報告されていないだけとう可能性があります。お子さんのアタマジラミの感染を機関に報告された方はいますか?

ほとんど聞いたことがないはずです。アタマジラミに関しては公式なデータでさえサンプル数がとても少ないです。

子供から移った大人のシラミのことを報告したことがありますか? さらに少なくなるはずです。

もし子供の頭髪にアタマジラミを発見したら、大人も含めて家族全員がアタマジラミの感染確認と駆除を行わなくてはいけません。

大人のシラミの駆除方法

大人のシラミと言うと、性感染症で知られる「ケジラミ」がテーマにされることが多いのですが、ここでお話しているのは「アタマジラミ」のお話です。

さた、アタマジラミの駆除方法ですが「大人も子供も同じ」です。ただ、大人の場合は自分で自分の頭髪を処置することが多いと思います。

基本的にはシラミ専用の梳き櫛が一本あれば十分です。種類はこちらのニットピッカーフリーコーム(旧ニットフリー)を用意できればシラミ駆除は楽勝です。

楽天市場のニットピッカーフリーコーム
Amazonのニットピッカーフリーコーム

梳き櫛で駆除を行う場合、やっぱり毛質と毛量によって駆除にかかる手間は影響を受けます。長い髪、多い髪、縮髪の方に便利なのがこちらの方法です。

>>シラミ駆除のための最速レシピ

クシだけでシラミ駆除を行う時に大事なのは頭髪全体を梳ききることです。おすすめの方法は、お風呂で行うウェットコーミングです。

・いつものシャンプーの後、湯船につかり、頭髪を湯船の外に出します。

・髪にコンディショナーをたっぷり目につけて、つけたまますき下ろします。

・下を向いた状態で、髪の根元からしっかりと先端まで梳きおろしてください。後頭部、側頭部、前頭部、頭頂部。耳の後ろも丁寧に梳きます。

・髪全体のコーミングが終わった後に、そのまま流せてしまうのもメリットです。シラミの再付着を予防できます。