タグ別アーカイブ: アタマジラミ

【併用がベスト】スミスリンシャンプーとシラミ専用梳き櫛を併用をする理由

アタマジラミのより確実な駆除には『スミスリンシャンプーとシラミ専用梳き櫛の併用』が必要

スミスリンシャンプーとシラミ専用梳き櫛の情報を調べると、それぞれを推奨する立場の情報元の双方がお互いに、どちらか一方で良いという意見を述べていると思います。今回は、それぞれのメリットとデメリットを簡単にお話ししてみたいと思います。

まずはシラミ専用梳き櫛の購入を優先

スミスリンシャンプーとシラミ専用梳き櫛を入手するにはどちらも相当のお金がかかります。どちらか一方を選ぶとしたら現時点の当ブログではシラミ用の梳き櫛を選択します。理由は『1度の購入で家族全員が繰り返し何度も使用できること』。シラミ専用梳き櫛は手作業という手間はかかりますが物理的に直接アタマジラミとその卵を排除することができます。正しい使用法でコーミングを繰り返せば全てのアタマジラミを頭髪から除去することができます。除去されたアタマジラミは再び頭髪に戻れなければ短期間で飢え死にします。アタマジラミは人間の頭髪に寄生していなければ生ることができない寄生虫なのです。

おすすめのシラミ専用梳き櫛はこちらです。

【国内正規品】ニットピッカーフリーコーム シラミ・卵駆除専用櫛

様々なシラミ用梳き櫛が販売されてますが、通常ニットピッカーフリーコームでアタマジラミは駆除可能です。※例外:頭に怪我があり包帯をしている等、櫛を通せない理由がある場合。こちらは正規の代理店ソルドジャパンにより販売されているニットピッカーフリーコーム(旧ニットフリーコーム)です。類似品が出回っているようですのでこちらを選択すると確実なものが届きます。

再発防止のためには、再付着の予防と家族や幼稚園・学校で情報共有し一斉駆除が必要です。たとえ再発・再感染した場合でも、予めシラミ専用梳き櫛が手元にあれば、その場で駆除を開始することができます。頭髪からシラミを全て除去することができれば、最短1日でシラミの駆除は終了です。取り残しの確認のために10日程度はチェックのため定期的に梳き櫛を通しましょう。

アタマジラミ専用梳き櫛の心配なところデメリット

・実店舗で販売されている所が少ないことから基本的に通信販売で入手することになると思います。シラミの感染力は強いので届くまでの時間に広めてしまう恐れがあります。
・手作業になりますので毛量の多い方やクセの強い方はやや手間ががかかることがあります。時間はかかりますが根元から髪を小分けにして繰り返し行います。

スミスリンシャンプーの心配なところデメリット

・新製品の販売されているスミスリンシャンプープレミアムの殺虫成分は旧製品と同じものが使われています。新製品のパッケージには『抵抗性アタマジラミにも効く』と表示されていますが、フェノトリン濃度も同じですので不安が残ります。旧製品は大手のドラッグストアでは必ず置いてあるほどシラミ駆除では有名な製品で、ネット上でもシラミを検索すれば必ず目にするような状況にありました。それにもかかわらずシラミの流行は減っていない(当ブログ調べ)ことから単体では不十分と推測し梳き櫛との併用をおすすめしてきました。いくつか原因を予想してますが別の話題ですので話を進めます。

・スミスリンシャンプーは一人に1本必要になります。家族で一人シラミの寄生が確認されれば一斉駆除の必要がありますので、家族分用意するのが好ましいものです。高額になります。また、家族間の移し合いや地域(学校や幼稚園、保育園)での集団感染があれば再感染の恐れもあります。その場合にはスミスリンシャンプーを再度購入しなくてはなりません(シラミ専用梳き櫛であれば1本の購入で済みます)。

シラミ専用梳き櫛ニットピッカーフリーコームのメリット

上記の通り、1本で家族全員のシラミの駆除を行えます。直接シラミと卵を取り除けますので確実にシラミを除去できます。持っていれば再び感染してしまった時にも使用できます。また、梳き櫛でコーミングすることでシラミの感染チェックにも役立てることができます。櫛の歯と歯の隙間にシラミの卵が挟まります。目の良い方なら目視で、見にくければ虫眼鏡を使うとシラミの卵を確認できます。

スミスリンシャンプーのメリット

大手のドラッグストアでどこでも購入でき、その日のうちに使用を開始できます。「髪全体につけて5分待ち洗い流すだけ」という簡単な作業でシラミを駆除できます。シラミの卵に生き残りが生じるので指定期間(2日おきに1回、10日間)繰り返します。購入したその日に成虫・幼虫を駆除できますので、シラミを他人に広めてしまう心配がなくなります。

シラミの駆除は簡単です

シラミは蚊のように自由に飛び回ることも、バッタのように飛び跳ねることもできません。頭髪の間を綱渡りするように動き回る小さな昆虫です。人生のほとんどを人間の頭の上で過ごします。人の頭から離れれば数時間から数日程度で飢え死にします。シラミは人の頭から引き離すだけで駆除することができます。

スミスリンシャンプーの殺虫成分フェノトリンは、蚊取り線香に含まれるピレトリンと似ています。蚊が蚊取り線香の煙にまかれて落ちるように、スミスリンシャンプーの薬液に触れたアタマジラミは髪にしがみつくことができなくなり引き離されます。効きにくい抵抗性アタマジラミの存在が心配されますが、同じように抵抗性を手に入れたゴキブリはどうでしょうか?旧型の殺虫剤を振りまいても苦しみもしないゴキブリに遭遇したことはありますか?この点では抵抗性アタマジラミに対してのフェノトリンは健在だと思います。問題なのは薬液を髪全体(全てのアタマジラミ)に行き渡らせることができるかどうかです。新製品のスミスリンシャンプープレミアムはその点が改善されています。薬液の泡を細かくしたことによりアタマジラミへ殺虫成分が触れやすくなりました。

スミスリンシャンプーとシラミ専用梳き櫛の併用でシラミを確実に駆除

初日から使用できるスミスリンシャンプー。繰り返し物理的な駆除が行えるシラミ専用梳き櫛。両方のメリットを活用すればアタマジラミはより確実に駆除することができます。地域の保健所のシラミ対策情報はどうなってますか?近年アタマジラミ対策情報も大幅に更新され、当ブログと同じく薬剤&梳き櫛の併用を推奨するところが増えています。

海外からのアタマジラミ

海外からの観光客の増加でアタマジラミが増えることが心配されています。実際は観光客の増加以前からアタマジラミは流行しています。決して目立つことはありませんが、シラミの流行がなかった年はありません。これは世界中で同じです。昔から人の活発に往来するところではアタマジラミは流行するものでした。先進国でも発展途上国でも変わりません。心配はいりません。シラミがついてしまったら取ればいいのです。お金持ちでも一般の家庭でもシラミは同じように広まります。シラミが来ない場所。それは人々の行き来がなく隔絶された場所なのかもしれません。

シラミはついたら取ればいい

アタマジラミは例えば蚊のようなものです。蚊と違うのは人間の頭の上を住処にしてしまうこと。頭から引き離せばそれだけでアタマジラミは居なくなってくれます。問題なのは小さくて気づきにくいこと。気づかない間に人の頭から頭へ乗り移ります。アタマジラミの流行を食い止めるためには地域にシラミがいることを情報共有することが大事です。協力して一斉に駆除を開始すれば行き場をなくしたシラミはいなくなります。時間差をつくってはいけません。

費用に配慮したおすすめの併用方法(提案)

子育て世代には何かとお金がかかります。一番お金のかからない方法は「シラミ専用梳き櫛を単体で使うこと」ですが、櫛が手元に届くまで生きたシラミを頭の上にそのままにしているのは家族内での感染の恐れもあり、よろしくありません。そこで登場するのがスミスリンシャンプーです。まずドラッグストアでスミスリンシャンプーを入手しますが、購入するのは家族の最初の1回分だけです。家族全員分をそれぞれ1本ずつ購入すると高額になりますが、最初の1回分
だけであれば、1本で3~4人分の量になります。

最初の1回をスミスリンシャンプーで駆除する理由

通常のシラミの成虫・幼虫は1回目のスミスリンシャンプーでほぼ全滅させることができます。スミスリンシャンプーを複数回繰り返す理由は、スミスリンで確実に駆除することのできないシラミの卵に対応するためです。ニットピッカーフリーコームが手元に届くまでの時間稼ぎとして家族に1回分スミスリンシャンプーを使用します。当然ですが生き残りの卵から孵化したシラミの幼虫は、成虫に育つまで卵を産むことはできません。通常なら2日おきに1度の間隔で使用するスミスリンですが、あらかじめニットピッカーフリーコームを注文しておけば、配送の早い通販ショップを選択すれば2回目の使用ごろには手元に梳き櫛が届きます。あとは梳き櫛1本で家族全員のアタマジラミを駆除することができます。手作業で手間もかかりますが頑張りましょう。

【夏休み】新学期が始まる前にアタマジラミをチェックしよう

二学期が始まる前にシラミをチェックしよう

summer_shirami0a

夏休みは旅行やレジャー、お盆の帰省など遠方への人の行き来が活発になります。髪の毛から髪の毛へ、日ごろ短い距離を移動しているアタマジラミもこの時期の人の移動に伴い遠方から持ち込まれる可能性が高まります。

一人の子供の頭髪にアタマジラミがついていると、小さな子供の間では気づかない間に感染が広まり大規模な流行を引き起こすことがあります。長い休暇の後のこの時期のシラミ対策が学内流行の防止には重要になります。小学校や幼稚園、保育園に通う小さな子供がいる家庭では、新学期の前にシラミの感染確認を行いましょう。

シラミ感染のチェック方法

アタマジラミの成虫や幼虫は光を避け、人に発見されないように行動するため、髪を掻き分けても見つかりにくいものです。シラミのチェックにはまず卵を発見します。シラミの卵はゴマ粒よりも小さなものですが、新聞や雑誌などの小さな文字が読める程度の視力があれば肉眼でも確認することができます。必要があればルーペなどを使用してください(顕微鏡は必要ありません)。

明るい場所で、後頭部の髪を掻き分けて卵を探してください。耳の後方から反対の耳までの頭髪が発見しやすい箇所です。

卵の大きさは0.5mm程度、形は楕円形です。髪の毛にしっかりと産み付けられているので、払い落とそうとしても落ちません。爪でしっかりとつまみ髪の先端へスライドさせて取り除くことができます。フケやその他の付着物と見比べることができるので画像と比較して確認しましょう。

シラミ発見・駆除・予防に役立つシラミ専用梳き櫛

全米シラミ症協会開発 LiceMeister アタマジラミ用すき櫛
ニットフリーコーム シラミ・卵駆除専用櫛

シラミの卵を発見したら

アタマジラミの卵が産み付けられていたら、一時的にでも成虫のシラミが寄生していた証拠になります。卵の殻だけが付着していて成虫がすでに居なかったというケースもありますが、基本的には卵があれば成虫もいるとお考えください。シラミを発見したらすぐに駆除を開始します。

現在、効果が認められているシラミ駆除方法は主に駆除剤スミスリンによる方法と、シラミ用の梳き櫛を使用する方法の2種類です。スミスリンは使用方法が簡単で通常は駆除効果も高い薬品ですが、抵抗力を備えたシラミが確認されているのでご注意ください(国立感染症研究所の調査によれば5%程度)。

シラミ研ではスミスリンに併せて、抵抗性シラミの流行に対応した梳き櫛を使用したアタマジラミの駆除方法を推奨しています。

 

【アタマジラミ】髪を切る必要はなし?

 

headlicegirlshaircut

シラミのために無理に髪を切る必要はありません

「シラミにご注意を」プールの時期などに、学校や幼稚園などからシラミ流行のお知らせが届き、自分の子供の頭髪を覗くと同じものがついている。

アタマジラミは恐ろしくない寄生虫。害の小さな虫と分かっていてもいざその姿を見るとあせってしまう方もいらっしゃると思います。特に昆虫の苦手な方にとってアタマジラミはショックな出来事かもしれません。

あわてた人は色々なことを試そうとしてしまいがちですが、まず深呼吸してリラックスしてみましょう。「アタマジラミは怖くありません」。

アタマジラミは怖い病気を運んでいません。体の中に入り込むこともありません。まるで蚊のように頭皮から少しずつ血を吸い、血をエサにして生活します。困ってしまうのは、蚊のようにどこかにいるわけではなく、人間の頭の上で生活してしまうことです。

アタマジラミは髪ごと切る?

アタマジラミの住まいは人間の頭髪です。髪の毛にしがみついて生活しているので、髪の毛を全て剃り下ろしてしまえばアタマジラミはいなくなってしまいます。振り落とされたアタマジラミは長くても2~3日で飢え死にします。

ですから昔はアタマジラミがついたら「男の子は丸坊主」、「女の子もできるだけ短く切るべきだ」とよく説明されたものですが、現在では無理に髪を切る必要はなくなりました。

現在、シラミの駆除方法として推奨されているのは「シラミ専用の梳き櫛」を使う方法と、駆除剤を使用する方法です。どちらも髪を切らないで使用することができます。

アタマジラミのために髪を切るメリット

髪を短くするとシラミを駆除しやすくなります。

・髪の毛を短くすれば、アタマジラミが寄生できる場所、卵を産み付ける範囲が狭くなります。

・スミスリンシャンプーやしらみとりシャンプーを使用する際にも、髪の毛が少なければ薬液を頭髪全体に塗り広げる作業が楽になります。

・シラミ専用の梳き櫛が使いやすくなります。シラミ用に作られた梳き櫛は小さな卵が取り除けるほど目が細かく設計されています。通常のクシにくらべ引っかかりやすい性質があるので、短いほどスムーズな梳きおろしができます。

髪を切らないでシラミを駆除する方法

・シラミ専用の梳き櫛を使う。

ニットフリーコーム シラミ・卵駆除専用櫛」と「全米シラミ症協会開発 LiceMeister アタマジラミ用すき櫛」をおすすめします。

色々な髪質の子供に使えます。ストレートヘアで長さや毛量の普通の子供はニットフリーコームが入手しやすく便利です。

髪が長く、クセの強い髪(縮毛)の子、毛量が多く絡みやすい子供にはライスマイスターの方がおすすめです。ニットフリーコームは歯に溝があります。

長さや毛量により作業量が変わります。髪が少ない方が駆除に要する時間も短くなります。

・駆除剤(スミスリン、しらみとりシャンプー)を使う

容量とお値段は違いますが薬効成分は同じです(フェノトリン:濃度も同じ)。シャンプーのように髪につけて5分待って流すだけと、使い方が簡単なので便利です。通常10日程度で駆除できます。※抵抗力を持ち薬剤の効かないシラミが発生している

子供が嫌がったら髪を切らない

髪の毛に虫がいるというだけでも子供にとってはとても不安な出来事です。シラミの駆除のために無理に髪を切る必要はありませんので、子供の個性に合わせて暖かい対応をこころがけましょう。大人にとってちょっと大変なシラミ駆除も、子供にとっては「頼もしいお母さん、お父さん」の素敵な思い出になるかもしれません。

砂場から!?子供のアタマジラミ

shirami-sunababa

お砂場からアタマジラミがうつった!?

「砂場でシラミが広まる!?」

「アタマジラミが流行ってるから子供を砂場で遊ばせるのはやめよう。」

 幼稚園や保育園に通う小さな子供を持つママさんの中にはこんな誤解をお持ちの方がいます。

 実際のアタマジラミは公園のお砂場や芝生から人に乗り移ったりはしない生き物です。アタマジラミは人間の頭に住みついている寄生虫です。人の頭の髪の毛から髪の毛へ直接、または間接的に乗り移って感染が拡大します。

砂場の砂や土からシラミが広まっているのではありません。

シラミ(アタマジラミ)は人から離れて暮らせない

 人から離れたシラミがどれくらい生きていられるか知っていますか?子供の間で流行しているアタマジラミは、人から離れるとわずか数時間から長くても3日間で死んでしまいます。

 シラミの食料は人間の血液です。公園の砂場や芝生に落ちたシラミは食事をすることができないので飢え死にしてしまうのです。アタマジラミが砂場や森、草原に生息していることはありません。

 またシラミには羽がありません。地面を飛び跳ねる脚もありません。子供の頭から落ちたシラミが再び誰かの髪の毛に戻るのはとても大変なことです。シラミが流行した時に私たちが気をつけなけらばいけないのはシラミが髪の毛から髪の毛へ乗り移ってくるところです。

 シラミは人間の髪の毛にしがみついたり綱渡りすることが得意な虫です。シラミにかからないためには頭と頭をくっつけないことが第一の予防になります。また頭髪に直接ふれる物を使いまわさない工夫も必要になります。

アタマジラミが感染する可能性のある行動

 シラミのいる人の頭と頭をくっつける。

 髪の毛と髪の毛を接触させる。

 フードのついた衣服や帽子の貸し借りをする。

 クシやヘアブラシを共用する。

 同じ布団や枕をつかってお昼寝をする。

 プールや銭湯のロッカーや脱衣カゴを共用する。

などがあげられます。

大人も頭しらみ(アタマジラミ)に注意しなければならない

adultheadlice 子供の間で流行しているアタマジラミは大人にも感染します。

アタマジラミは大人も感染している

 大人のシラミとしてよくイメージされるケジラミとアタマジラミは別種のシラミです。アタマジラミといれば小さな子供たちの間で度々流行を繰り返し、親や幼稚園、小学校を悩ませる煩わしい寄生虫のことです。

 世界共通で子供に多い寄生虫なので、シラミ症にかかるのは子供だけという印象が強いかもしれません。実際、日本でもシラミ症にかかるのは9割が小さな子供たちだと言われています。子供が大人よりシラミにかかりやすいのは、友達と身を寄せて遊ぶことが多いことや、小さな子供が自分自身で十分なヘアケアを行えない、頭髪に注意を払えないことがあげられます。子供の方が大人よりもシラミにかかりやすいというのは本当ですが、感染者と直接接触する機会があれば大人でもシラミは簡単に感染してしまいます。

 特に家庭内の子供が一人シラミに感染していると、両親や祖父母、兄弟姉妹にシラミが感染している例が少なくありません。子供の場合は、幼稚園や小学校などでシラミ検査を受ける場合もあり、世の中に発生の情報が行き渡りますが、大人の場合は基本的にシラミの検査を受けることがあっても自分自信で解決する場合がほとんどです。

 実は最近、小さな子供以外のアタマジラミ感染例が増えているという話もあります。日本ではあまりシラミが話題にされることはあまりありません。アタマジラミは病原体を運ぶ危険な寄生虫ではありませんし、日本ではシラミを解決できずに大規模な集団発生を何年も繰り返すような事態は日本ではほとんど発生していないからです。(小規模な流行は各地で盛んに発生している)

シラミは大人も油断できない

 日常生活でシラミを意識して生活している日本人はほとんどいないのではないでしょうか。日本よりもシラミが一般的な先進国では大人もやはりシラミには敏感です。

 少し前にスマートフォンなどで友人などと肩を寄せ合い自分撮りする「セルフィー」とアタマジラミ感染の関連が海外で話題とされました。ロシアでは行政が自分撮りの自粛を勧告したというニュースもありました。小さな子供ではない10代、20代の女性の間でアタマジラミが急増したからです。

 このことでアタマジラミに感染する恐れがあるのが小さな子供ばかりではないことが裏付けられました。シラミが移るか移らないかは、感染者との接触が関わっていて大人と大人の間でも機会があれば流行してしまうのです。

 日本では子供に次いでシラミ感染のリスクに晒されているのは小さな子供を育てるお母さんです。日本にもシラミがいることを意識しないと、数が増えて酷い痒みを体験してからシラミの感染に気がつくことになります。

シラミは意識の低いところから広まる

 シラミに気がつけば駆除には数日~10日ほどしかかかりません。近頃では駆除剤のスミスリンの効かないシラミが話題にされますが、通常のシラミであれば発見した当日に1度目の処置を行えば他人にシラミを感染させてしまうリスクは激減します。シラミ用の梳き櫛(すきぐし)を用意した家庭でも、最初の処置でシラミをしっかり梳き落とせば感染リスクを大幅に減らすことができるのです。

 一番よくないのはシラミに気がつかず頭髪で数を増やしてしまうこと。そして流行を拡大させてしまうことなのです。